保存版|凹んだ時に自分を励ます、9つの具体的方法。




 

人間、生きていれば誰しも凹むもの。

 

凹んだときに自分に適した「励ます方法」を知っているだけで、凹んだ状態から速やかにリカバリーすることが可能になります。

 

本記事では、ライフコーチ、メンタルトレーナーとして17年間にわたって、2,000人以上に関わってきた私、河野が9つ厳選した「オススメの自分を励ます方法」をご紹介します。

 

1.結果のみにフォーカスせず、プロセスを認める。

 

仕事にプライベート。結果がでないと、凹みますよね。

 

ですが、結果だけにとらわれると凹み続けることになります。自分を励ます余地もなくなります。

 

なぜなら「人生には必ず失敗がある」からです。

 

よく考えてみてください。

結果が出ずに凹んでいる、ということはあなたはそれだけ頑張った、ベストを尽くそうとした、ということ。

頑張らなかったら、そんなに凹みません。

 

凹んでいるのは、頑張った証拠。

 

なので、結果だけを見るのではなく、自分の頑張りを(少しでいいので)認めましょう。

「結果は出なかったけど、私は頑張った。そして、きっと少しは成長しているはず。私はそんな自分をちょっぴり誇りに思う。そして、次に向けてまた全力を出す。」

こんなふうに自分を励ましてあげましょう。

 

スポンサーリンク

2.泣きたかったら、思いっきり泣く。

 

凹んだときに、自分を励まそうとして、ついつい涙を我慢していませんか?

 

生きているといくら頑張っても「結果が出ない・出なかった」という痛い事実に直面することがあります。

そういうときは、思いっきり嘆きましょう。悲しみましょう。悔しがりましょう。

 

「あれだけ頑張ったのに結果が出なかったんだもん。思いっきり泣いていいよ。」

 

と自分に許可を出しましょう。

 

「涙の数だけ強くなれる。」という歌のフレーズのとおり、泣いただけ人は強くなるんです。

 

そして、涙は心の汗でもあります。

思いっきり涙を流し=心の汗をいっぱいかくと、心もスッキリ。

さらにあなたの心と頭はクリアになり、自然とやる気がでてくるでしょう。

 

3.諦めなければ必ず乗り越えていける。そのことを思い出す。

 

逆境に直面して、凹む。

結果が出なくて、凹む。

 

こういうとき、ついつい諦めたくなる気持ちも出てきますよね。

 

そんなときに思い出したいのは「あきらめない」大切さ

 

もちろん同じ方法を積み重ねるだけではなく、やり方を変えたり、新しいことを学んだり、創意工夫は必要かもしれません。

目標自体を変える必要もあるかもしれません。

 

しかし、それも含めて「諦めなければ、必ず乗りこえていける。」んです。

そのことを思い出しましょう。

 

以下の動画は「諦めなければ必ず乗り越えていける」ことの素晴らしさを教えてくれます。

5分弱の動画です。英語ですが、言葉がわからなくても大丈夫です。まだご覧になったことがない方は、ぜひ御覧ください。

 

 

スポンサーリンク

4.あきらめるという選択肢もあることを認める。

 

先の「あきらめない」の真逆です。

どっちやねん!という突っ込みが聞こえてきそうですが。

 

「人生を諦めない。」のはとても大切です。

ですが、「何か具体的なことを諦めていい。」と自分に言ってあげることは、とても励ましになる場合があるんです。

 

「ここまでやったから、もういいよ。」

「この件については、あきらめる、という選択肢もあるんだよ。」

 

自分にそう言ってあげることで、とても心が軽くなり、別の新たなことに立ち向かうエネルギーが湧いてくることがあるんです。

 

また、不思議なんですが「諦める選択肢もある」ということを自分に対して認めてあげると、諦めかけていたことに今まで以上に頑張れる、力が湧いてくることもあります。

 

もしあなたが強迫観念的に「諦めては駄目だ。」「諦めることは悪いことだ。」と思って苦しんでいるなら、「あきらめる。」という選択肢も自分に与えることで、ご自身を励ましてあげてください。

 

5.凹んでいることを全肯定する。

 

凹んでいるとき、そんな自分にダメ出しをしてさらに凹む。

真面目な方ほど、こういったことをしてしまいがち。

 

ですが、これは絶対にしてはいけないこと

 

先に述べたとおり、凹んでいるのはそれだけ頑張ってきた証拠。

 

凹んだ自分を、全肯定しましょう

 

「イエス!私は思いっきり凹んでますけど、なにか?」

と口に出して言ってみましょう。

 

凹んでいる自分を全肯定することが、落ち込んでいる状態から脱する大切な一歩なのです。

 

スポンサーリンク

6.神様が自分の力を信じているから。と思う。

 

もしあなたが直面している試練を乗り越えたいなら、

「今の試練は、神様があなたの成長を願って与えたギフトである。」

という考え方を試してみてください。

 

「そんな、、、神様、勘弁して。。」

と言いたくなる気持ちも大事にしましょう。

 

ですが、神様はとんでもなくあなたのことを信頼しているんです。

 

あなたの強さを。愛を。知恵を。可能性を。

 

「この試練も、神様が私を成長させるために与えてくれたもの。だからきっと乗り越えていける。」

そんなふうに自分を励ましてみましょう。

 

7.親友を励ますように。

 

凹んでいる自分についつい辛くあたってしまう、という方は「親友が凹んでいるのを励ますように、自分を励ます」を試してみてください。

 

あなたは、親友が凹んでいるのに「本当にダメなやつだなぁ。」とダメ出ししたりしませんよね?

「それは辛かったね。」と自然と寄り添うのではないでしょうか。

 

そのような関わりを自分にしてみましょう。

 

凹んでいる自分が目の前にいるイメージをして、温かい言葉、優しい言葉をかけてあげましょう

 

あなたは、あなたにとって、世界でたった一人、死ぬまで付き合う大切な存在なんですから。

 

8.明けない夜は無い。

 

苦しい状況が長く続き、ながらく凹んでいるときは、この思考法。

 

明けない夜はありません

 

今がどれだけ苦しくても、しんどくても、凹んでいても、必ずあなたの人生は変わっていきます。

 

もちろん今すぐでは無いかもしれません。

 

しかし、

明けない夜は無いんです。

過ぎ去らない嵐もありません。

厳しい冬も、耐え忍べば必ず春が訪れます。

 

「今は、そういう時期。無理に結果を求めず、自分を大事にしよう。」

こんなふうに声をかけて、自分を励ましてあげましょう。

 

9.あなたは可能性に満ちている。

 

ここまで様々な凹んでいるときの対処法をお伝えしましたが、その中で繰り返しお伝えしたのは

 

凹んでいる=頑張ってきた。ということ。

必要な涙をたくさん流したあと、また頑張れる、ということ

 

歩むことを諦めない限り(もちろんいっとき、休息するのは大事)あなたは可能性に満ちているんです。

 

どこまでも成長していけます。

今の凹んだ経験も肥やしにしていけます。

なのでこのように自分を励ましてあげましょう。

 

「私は今の経験も肥やしにして、さらに成長していけます。

私の成長に限界はありません。いくらでも成長していけます。

必要な涙は流します。また、必要な休息もしっかり取ります。

その上で、また人生という旅を歩み始めます。」

 

と、高らかに宣言してみましょう。

きっと、内側から力が湧いてきますよ。

 

おわりに。

 

いかがだったでしょうか。

 

凹むことのある人生は、時にしんどいと思うこともありますが、「全く凹まない人生」より彩りがあり、人としての成長を促してくれます。

強くなれます。人にも優しくなれます。

 

なので、人生における醍醐味の一つ、と思って思い切り凹みつつ、乗り越えていきましょう。

 

あなたには必ずその力があるんですから。

 

 

「いいなぁ」と思ったら、お友達にもシェアしてあげてくださいね♪

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ、ますます輝く毎日になることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@輝くヒントでした。

 

あわせて読みたい。

必読|落ち込んだ時に真っ先にするべき、シンプルなたった一つの対処法。

2016.03.02

自分を愛する具体的方法。大切なパートナーや親友のように自分を扱う。

2019.01.11

 

<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

河野 雅(こうの まさし)

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が15年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。