感情に振り回されずに、自分に主導権を取り戻す方法。

 

あなたは自分の感情の取り扱い方を知っていますか?

 

イライラしたとき。

ざわざわしたとき。

モヤモヤしたとき。

 

どうすればよいのか。

 

私たちの多くは、生きていく上でこんなにも

基本的で大切なことを教わってきていません。

 

逆に、感情の取り扱い方、心の仕組みを知ると、

周りの人の言動や外側の出来事に刺激を受けることが減り、感情に振り回されにくくなり、

さらに自分に主導権を取り戻していけるようになるんです。

 

本記事では「心の仕組みを理解すること。感情(Feeling)と必要とするもの(Needs)」というNVC(

 

 

感情にまつわる誤解。

 

私たちは、

 

「嫌なことがあるとネガティブな感情が湧き上がり、

嬉しいことがあるとポジティブな感情を感じる。」

 

そしてその嫌なことの原因は周りの出来事や周りの人の言動、または自分自身の振る舞いが原因である。

 

だから、この嫌な気持ちは

「嫌なことがあったから。」「あの人が悪いから。」「自分が悪いから。」

 

そんなふうに思いがちですよね。

 

式であらわすと、

 

特定の出来事や人の言動=嫌な気持ちの原因。

 

このように思っている方が多いのではないでしょうか。

 

 

ですが、これは間違った理解なんです。

 

なぜなら、同じ状況や場面・人に遭遇しても、

嫌な気持ちになる人と、そうではない人がいるからです。

さらに言うと、同じ人でもその時の状況によって嫌な気持ちになる場合とならない場合が存在するんです。

 

スポンサーリンク

心の仕組みをあらわす式。

 

心の仕組みの正しい式は以下のように表されます。

 

特定の出来事や人の言動→私のニーズや価値観が満たされなかった場合→私が嫌な気持ちになる。

特定の出来事や人の言動→私のニーズや価値観が満たされた場合→私がポジティブな気持ちになる※。

 

私たちは自分が必要としているものや価値観(Needs、Value)が

満たされなかったときにネガティブな感情(Feeling)が湧き上がり、

 

自分が必要としているものや価値観(Needs、Value)が

満たされるとポジティブな感情(Feeling)が湧き上がります※。

 

※もちろんこれ以外でも感情が動くことはありますし、「起きた出来事をどう解釈するか。」ということも影響します。が、内面で起きていることをとてもシンプルにすると、多くの場合この式で表現が可能になります。

 

そして、必要としているものや価値観は人によって異なります。

同じ人間でも状況や心・体の状態によって「必要なもの」は変わってきます。

 

パートナーの帰りが遅い、という出来事。

 

たとえば、あなたが家で大切なパートナーの帰りを待っていたとします。

しかし帰るはずの時間になっても相手は帰ってきません。

あなたはイライラしはじめます。

 

特定の出来事や人の言動(帰りが遅い)=嫌な気持ちの原因。

 

の考え方だと、

嫌な気持ちの原因をつくった相手を責める気持ちが湧いてくるでしょう。

「いったい何時だと思っているの!?」というふうに。

 

または「こんな小さなことでイライラしている自分は器が小さい」と

自分を責めだしてしまうかもしれません。

 

 

いずれにせよ、感情の原因は「外側の出来事」と思っている限り、気持ちの整理はなかなかつきません。

そして、このままずっと外側の出来事に感情を振り回され続けることになってしまいます。

 

スポンサーリンク

ニーズや価値観に意識を向けるとどうなるか。

 

それでは、

特定の出来事や人の言動→私のニーズや価値観が満たされなかった場合→私が嫌な気持ちになる。

の考え方だとどうなるのでしょう。

 

この考え方では、イライラの原因を「出来事」に直接結びつけるのではなく、まずは自分の内面を内省していきます。

 

すると、たとえば

 

何かあったんじゃないかと不安になった=「安心」のニーズを満たしたかったのに満たせなかった。

遅くなっているのに連絡がなくてイライラした=「尊重」してほしかったのに、されなかった。

 

といったことに気づいていきます。

 

こういった「安心」「尊重」というニーズや価値観を必要としていたから、

「イライラが湧き上がってきた」ということが明らかになるのです。

 

一方、似たような状況であっても「必要としているもの・価値観」が異なると湧き上がる感情は全く違ってきます。

 

自分がやるべきことがいっぱいでやることに追われており、帰りが遅いことが気にならなかった=「自分の責任を果たす」ということが大切だった。

 

こういったものが自分の内側にあった場合、イライラは発生しません。

やるべきことが終わった場合は「達成感」「責任を果たせた充実感」といったポジティブな感情を、

一方、やるべきことが終わらなかった場合は「悔しさ」や「焦り」といった別の質感のネガティブな感情を感じているかもしれません。

 

「パートナーが帰ってくるのが遅かった。」

 

というのはあくまで刺激であり、

その際にあなたが何を必要としているか、によってあなたの感情は全く変わってきます。

 

ですので、

何かの出来事に対してネガティブな感情が湧き上がった場合、

相手を責めるでもなく、自分を責めるでもなく

まず見るべきは自分の内側なのです。

 

自分に起きていることをただただ受け入れ、

 

「このイライラは、私の何が満たされていないからだろう?」

 

こういう問を持って、愛と思いやりから自分を観察するのです。

 

そのためには、自分自身を愛と思いやりから観察できる「内なる観察者」を育てていくことも不可欠です。(内なる観察者についてはこちらの記事を参考にしてください。)

 

※ちなみに、満たされていないものがあるからといって、自分を責める必要はありません。「のどが渇いた。水がほしい。」「お腹が減った。食べ物がほしい。」と言っている人が「悪い」わけではありませんよね?例であげた「尊重」や「安心」。他にも人が人間らしく生きていくために必要なものはたくさんあり、状況によって誰しもが必要とするもの。「ただ、欲しい」だけなのです。そこに良い・悪いはありません。

 

感情に振り回されず、主導権を取り戻す。

 

最初に述べた

特定の出来事や人の言動=嫌な気持ちの原因。

という考え方だと、いつまで経っても私達の感情は状況によってネガティブ・ポジティブに大きく振り回されます。 いわゆる一喜一憂してしまう状態です。

 

ですが、2つ目の等式

特定の出来事や人の言動→私のニーズや価値観が満たされなかった場合→私が嫌な気持ちになる。

だと、感情の原因は自分の内面にあるので、

 

「自分の必要としているものはなにか?」

 

というふうに「自分の内側」に意識を向けることで、

 

相手を責めたり

自分を責めたり

外側の出来事に感情を振り回される

 

という状態にはなりにくくなります。

 

そして、自分が欲しているものがわかると、気持ちは整理されます。

さらに、その「必要としているもの」を自分で満たすように行動を起こすことが可能になります。

 

相手に「必要とするもの」を満たすよう要望をする場合も、大きく異なってきます。

 

「あなたが間違っている。」「あなたのその振る舞いのせいで私はイライラしている。」から直してほしい、というスタンスからの要望と、

「◯◯してもらえないか。なぜなら私は△△を必要としているから。」と一旦自分に引き寄せているスタンスからの要望。

 

どちらのほうが相手が受け取りやすいかは明白ですね。

 

もちろん、後者の伝え方をしたからといって、必ず要望が受け入れられるとは限りませんが、要望を受け取ってもらえる可能性は確実に高まるでしょう。

 

このように「自分は何が満たされていないからこの感情が湧いているのか?」と意識を向けることで、出来事を自分に引き寄せることが可能になり、自分の内面(感情)に主導権を持つことができるようになるのです。

 

※特に強いネガティブな感情がぶわっと湧き上がる、いわゆる反応的になる場合は「過去に激しくニーズが満たされなくて心が傷ついた経験があり、その古傷が刺激された。」可能性が高いと言えます。この場合、自分の心の傷を特定し、癒やしていくことで反応的にならずに済むようになります。いずれにせよ、感情が動く場合は自分の中を探求することが大切になります。

 

スポンサーリンク

自分に主導権を取り戻すための第一歩。

 

ここまで読んでくださったあなた。

 

次にイライラ、モヤモヤなどのネガティブな感情になった時。

 

ぜひ、自分の内側に意識を向けてみてください。

そして「私は何が満たされていないからこの感情になっているんだろう。」と問いかけてみてください。

 

もちろんすぐに何が必要なのか、わからないことがほとんどでしょう。

 

ただ、この問いかけを自分に繰り返していくことで、少しずつ「自分に何が必要か」がわかるようになっていきます。

そして先に述べたとおり 必要なものがわかると 自分で満たすように行動を起こすことが可能になります。

 

まずはそのための第一歩。

 

 

「この感情は、私の何が満たされていないことを伝えようとしてくれているのか。」

 

この自分にとってとても大切な問を自分に投げかける癖を少しずつつけていきましょう。

 

 

 

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ

ますます輝く毎日になることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@輝くヒントでした。

 

あわせて読みたい。

<スポンサーリンク>

シェアしていただけると励みになります。ありがとうございます。

ABOUT US

河野 雅(こうの まさし)
阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が15年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。