感情に振り回されずに、自分に主導権を取り戻す方法。

 

あなたは自分の感情の取り扱い方を知っていますか?

 

イライラしたとき。

ざわざわしたとき。

モヤモヤしたとき。

 

どうすればよいのか。

 

私たちの多くは、生きていく上でこんなにも

基本的で大切なことを教わってきていません。

 

逆に、感情の取り扱い方、心の仕組みを知ると、

感情に振り回されにくくなり、自分に主導権を取り戻していけるようになるんです。

 

愛と思いやりにみちたセルフマネジメント講座※1」第2回のテーマは「心の仕組みを理解すること。感情(Feeling)と必要とするもの(Needs)」。

 

心の仕組みについてみんなで学び、掘り下げました。

本記事ではこの講座の内容についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

感情にまつわる誤解。

 

私たちは、

 

「嫌なことがあるとネガティブな感情が湧き上がり、

嬉しいことがあるとポジティブな感情を感じる。」

 

そしてその嫌なことの原因は周りの出来事や周りの人の言動、

または自分自身の振る舞いが原因である。

 

だから、この嫌な気持ちは

「嫌なことがあったから。」「あの人が悪いから。」「自分が悪いから。」

 

そんなふうに思いがちですよね。

 

式であらわすと、

 

特定の出来事や人の言動=嫌な気持ちの原因。

 

このように思っている方が多いのではないでしょうか。

 

 

ですが、これは間違った理解なんです。

 

なぜなら、同じ状況や場面・人に遭遇しても、

嫌な気持ちになる人と、そうではない人がいるからです。

 

心の仕組みをあらわす式。

 

心の仕組みの正しい式は以下のように表されます。

 

特定の出来事や人の言動→私のニーズや価値観が満たされなかった場合→私が嫌な気持ちになる。

特定の出来事や人の言動→私のニーズや価値観が満たされた場合→私がポジティブな気持ちになる※。

 

私たちは自分が必要としているものや価値観(Needs、Value)が

満たされなかったときにネガティブな感情(Feeling)が湧き上がり、

 

自分が必要としているものや価値観(Needs、Value)が

満たされるとポジティブな感情(Feeling)が湧き上がります※。

 

※もちろんこれ以外でも感情が動くことはありますし、「起きた出来事をどう解釈するか。」ということも影響します。が、内面で起きていることをとてもシンプルにすると、多くの場合この式で表現が可能になります。

 

そして、必要としているものや価値観は人によって異なります。

同じ人間でも状況や心・体の状態によって「必要なもの」は変わってきます。

 

スポンサーリンク

パートナーの帰りが遅い、という出来事。

 

たとえば、あなたが家で大切なパートナーの帰りを待っていたとします。

しかし帰るはずの時間になっても相手は帰ってきません。

あなたはイライラしはじめます。

 

特定の出来事や人の言動(帰りが遅い)=嫌な気持ちの原因。

 

の考え方だと、

嫌な気持ちの原因をつくった相手を責める気持ちが湧いてくるでしょう。

「いったい何時だと思っているの!?」というふうに。

 

または「こんな小さなことでイライラしている自分は器が小さい」と

自分を責めだしてしまうかもしれません。

 

 

いずれにせよ、感情の原因は「外側の出来事」と思っている限り、気持ちの整理はなかなかつきません。

そして、このままずっと外側の出来事に感情を振り回され続けることになってしまいます。

 

ニーズや価値観に意識を向けるとどうなるか。

 

それでは、

特定の出来事や人の言動→私のニーズや価値観が満たされなかった場合→私が嫌な気持ちになる。

の考え方だとどうなるのでしょう。

 

この考え方では、イライラの原因を「出来事」に直接結びつけるのではなく、まずは自分の内面を内省していきます。

 

すると、たとえば

 

何かあったんじゃないかと不安になった=「安心」のニーズを満たしたかったのに満たせなかった。

遅くなっているのに連絡がなくてイライラした=「尊重」してほしかったのに、されなかった。

 

といったことに気づいていきます。

 

こういった「安心」「尊重」というニーズや価値観を必要としていたから、

「イライラが湧き上がってきた」ということが明らかになるのです。

 

一方、似たような状況であっても「必要としているもの・価値観」が異なると湧き上がる感情は全く違ってきます。

 

一人の時間が欲しかった=「自分とつながる」という価値観を大事にしたかった。

自分がやるべきことがいっぱいで、帰りが遅いことが気にならなかった=「自分の責任を果たす」ということが大切だった。

 

こういったものが自分の内側にあった場合、イライラは発生しません。

逆に「充実感」や「達成感」を感じているかもしれません。

 

「パートナーが帰ってくるのが遅かった。」

 

というのはあくまで刺激であり、

その際にあなたが何を必要としているか、によってあなたの感情は全く変わってきます。

 

ですので、

何かの出来事に対してネガティブな感情が湧き上がった場合、

相手を責めるでもなく、自分を責めるでもなく

まず見るべきは自分の内側なのです。

 

自分に起きていることをただただ受け入れ、

 

「このイライラは、私の何が満たされていないからだろう?」

 

こういう問を持って、愛と思いやりから自分を観察するのです。

 

そのためには、自分自身を愛と思いやりから観察できる「内なる観察者」を育てていくことも不可欠です。(内なる観察者についてはこちらの記事を参考にしてください。)

ありのままを受け入れ、自分に思いやりをもつシンプルなコツ。

2019.06.03

 

※ちなみに、満たされていないものがあるからといって、自分を責める必要はありません。「のどが渇いた。水がほしい。」「お腹が減った。食べ物がほしい。」と言っている人が「悪い」わけではありませんよね?例であげた「尊重」や「安心」。他にも人が人間らしく生きていくために必要なものはたくさんあり、状況によって誰しもが必要とするもの。「ただ、欲しい」だけなのです。そこに良い・悪いはありません。

 

感情に振り回されず、主導権を取り戻す。

 

「自分の必要としているものはなにか?」

 

というふうに「自分の内側」に意識を向けることで、

 

相手を責めたり

自分を責めたり

外側の出来事に感情を振り回される

 

という状態にはなりにくくなります。

 

そして、自分が欲しているものがわかると、気持ちは整理されます。

さらに、その「必要としているもの」を自分で満たすように行動を起こすことが可能になります。

 

相手に「必要とするもの」を満たすよう要望をする場合も、大きく異なってきます。

 

「あなたが間違っている。」「あなたのその振る舞いのせいで私はイライラしている。」から直してほしい、というスタンスからの要望と、

「◯◯してもらえないか。なぜなら私は△△を必要としているから。」と一旦自分に引き寄せているスタンスからの要望。

 

どちらのほうが相手が受け取りやすいかは明白ですね。

 

もちろん、後者の伝え方をしたからといって、必ず要望がとおるとは限りませんが、要望を受け取ってもらえる可能性は確実に高まるでしょう。

 

このように「自分は何が満たされていないからこの感情が湧いているのか?」と意識を向けることで、出来事を自分に引き寄せることが可能になり、自分の感情に主導権を持つことができるようになるのです。

 

—–

 

講座では、私たちの「感情(Feeling)と必要とするもの(Needs・Value)」に気づいていくために必要な技術を学びました。

 

講座終了後は、日常で起こったことを題材に日々、「感情」と「必要とするもの」に向き合い続けます。

そうすることで少しずつ「感情に振り回される状態」から「自分で主導権を持った状態」に成長していけるのです

 

だから、実際の現実を、日常を変えていけるようになるんです。

 

第2回の講座を終え、約1ヶ月、プラクティスに取り組んでいただいた時点での感想です。

 

C.Eさん

1:感情(Feeling)と必要なもの(Needs)をじっくり観察していたら、いつも恐怖を感じるパターン、その恐怖の核となるものが何なのかに気づくことができました。このことに気づいたら、以前はとてつもない恐怖に襲われていた状況が起きても、恐怖を感じることがなくなりました。同じような状況で何度もプラクティスをすることで、精神的に強くなりました

以前は、周りに恐ろしい状況があるから私は怖いんだ。酷いことを言われたりされたから傷ついたんだ。だから状況が悪い、相手が悪いと思っていましたが、FeelingとNeedsの観察を続けていると、自分のNeedsが満たされていないからそのFeelingが湧いてきていて、それを刺激と感じているだけで、決して状況や相手が悪いわけではないのだということが理解できました

兄に対してFeelingとNeedsを入れて連絡をしたら、兄の気持ちが良い方向に変わるという経験をしました。FeelingとNeedsを入れてメッセージを伝えると、相手のハートに届くのだということがはっきりとわかりました。感情を伝えるというのは慣れていないと恥ずかしく感じるけれど、とても大切だと学びました。

人と意見が合わない時、争いになる時はお互いのNeedsを確認することが大切だと学びました。お互いに大切にしているものが違うから争いになっているだけで、そこを尊重しあえればほとんどの争いは和解できると感じました。

 

T.Mさん

日常、大体いつも同じFeelingとNeedsを感じることが多く、娘とのやり取りで自分が傷つくのを恐れて、その悲しみを感じない様に怒りに変えている自分に気付きました。

そして相手が悪い、私は悪くないと正当化して相手を責める事により、自分を守ろうとしていた様に思う。

悲しみを感じる事に恐怖を感じ、自分の弱さを恥じて、自分を強く大きく見せる事に必死に生きていた。

FeelingとNeedsを感じる事によって、自分の事を深く理解し、自分の弱さも認め、ありのままの自分を受け入れるという事に繋がるんだなという事を学んだ。

 

また、娘への怒りやイライラした感情を感じようとすると、いつも急に眠気が襲ってきて、プラクティスが続けられない事が多々あった。

その時の感情を観察していくと、いつも母親との過去の思い出が蘇ってきて、幼い頃の自分の怒りや悲しみが込み上げてきて、その思いを娘に重ねて、腹を立てている事に気付いた。

幼い頃の私は、母に怯え、怒りを我慢し、悲しみを表現出来ずにいたので、その怒りの気持ちを現在まで引きずっていて苦しんでいる。

今までその苦しみを無いことにしようとしていて、実際にあまり実家に居た時の記憶がないのですが、過去の自分の感情に気付けた事で、きちんと自分と向き合い、その苦しみから自分を解放してあげたいと思いました。

そして今後は娘や家族との関係性が良くなる様に、きちんと自分自身のFeelingとNeedsを理解し、素直に感情表現していきたいと思っています。

 

K.Iさん

自分のなかの裁判官が、実はめちゃくちゃ鬼でした(・・;)
無自覚でしたが、折につれ、すんごい勢いで自分を裁いていることに気付きました💧そして私はここ数年、無意識に、その裁判官を怒らせるようなことばかりを起こしていたみたい(反抗期?)。

あと、私は時々「◯◯なのは、あの人が◯◯なせいだ」とか「◯◯なせいで私は不幸だ」と、自分の満たされなさを外側のせいにしてしまうことがあります。

そんなときに、これまでは「人のせいにしちゃだめ!全部自分の責任として考えていくことで物事は好転するのだ」って、自分を説教しちゃっていたんです(これも裁判官?というか鬼コーチ?)

でも、最近は、そうでなく、外側のせいにしたくなる気持ちを否定せず、「そのまま」優しく観察して、そこからFeelingとNeedsを見つけるようにしています。この方法は、脱力したままゆるく主体的になれるので、とても気に入っています

 

みなさま、しっかりとプラクティス(日々の宿題)を取り組んでおられるからこそ得られている素晴らしい成果。

 

素晴らしい仲間に恵まれ、順調に結果を出し始めている本講座。

 

自分への愛と思いやりに満ちあふれている状態をみんなで実現していきましょう。

 

 

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ

ますます輝く毎日になることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@輝くヒントでした。

 

※1:愛と思いやりにみちたセルフマネジメント講座とはZOOMというインターネット会議システムを使った「女性限定の仲間とともに歩む半年間の自己変容プログラム」です。次回は2019年12月ごろ開始予定です。興味がある方はLINE@にご登録いただき、「ZOOM講座興味あり!」と一言メッセージいただけると、次回は優先的にご案内いたします。

 

あわせて読みたい。

ありのままを受け入れ、自分に思いやりをもつシンプルなコツ。

2019.06.03
<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

河野 雅(こうの まさし)

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が15年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。