すぐに凹まないために真っ先に身に着けたいたった一つの考え方。

 

何かあったら、すぐに凹んでしまう。

くよくよしてしまう。

 

「すぐに凹まないようになりたい。

豆腐のようなメンタルを変えていきたい。」

 

そんなふうに思うこと、ありますよね。

 

本記事では日常でちょっと気をつければ 心が凹みにくくなる

または凹み具合が減る「考え方のコツ」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

すぐに凹んでしまう原因。

 

頑張って作った企画書、上司からの添削で真っ赤っ赤になって返ってきた!

今度の休みの過ごし方を家族に提案したら、誰も乗ってこなかった・・・。

自分の不用意な一言が相手を傷つけてしまった。

頑張っている仕事、結果がなかなか出ない。

 

などなど。

 

生きてると、様々な「凹む」機会はやってきます。

 

すぐに凹んでしまう原因の一つは、こういった出来事たちの「受け止め方」にあるんです。

 

すぐに凹みがちな人は、自分のアイデアや意見、発言、行動が否定されたり反応がなかった時、

また頑張ったのに結果が出なかったとき、

 

まるで自分そのものが否定されたように感じているんです。

 

「自分の存在が否定された。NOを言われた。肯定されなかった。」

 

こんなふうに受け取っていたら(解釈していたら)、そりゃあ、すぐに(しかも激しく)凹みます。

 

 

さらにこういった出来事をキッカケに

「自分には価値がない。可能性がない。自分には能力がない。未来がない。」

このような「物語」に入り込んでしまい、さらに激しく凹んだり自分を責めてしまい、なかなか浮上できなくなってしまうのです。

 

すぐに凹まないために身につけたい考え方。

 

ですが、よく考えてみましょう。

 

否定されたのは、あなたの意見であり発言であり、アイデアです。

肯定されなかったのは、あなたの発言や振る舞いです。

出なかったのは、結果です。

 

決してあなたの存在が否定された訳ではないのです。

 

もちろん、自分の意見や発言、行動はダメ出しされたかもしれません。

Yesをもらえなかったかもしれません。結果がでなかったかもしれません。

 

それは残念なこと。なのでその残念さという感情は大切にしましょう。

 

ただ、「自分を否定された」と解釈して、必要以上に凹むことはやめましょう。

ごっちゃになっている「意見や発言、行動」と「自分の存在」を区別しましょう。

 

 

すぐに凹まないように真っ先に身につけるべき考え方は、

「自分という存在と、自分の意見・発言・行動・結果を切り分ける。区別する。」

ということです。

 

スポンサーリンク

自分という存在をまるごと肯定する。

 

繰り返しますが、

いくら、あなたの発言や意見や行動がネガティブなインパクトをもたらしたとしても、

 

あなた自身の価値は一切減りません。

 

これっっっっっっぽっちも変わらないんです。

 

「あなたという存在の尊さ。今、生きているという奇跡」と「発言・意見・行動・結果」は別物だから。

 

あなたが生きているということ自体奇跡なんです。

自分を肯定する方法|ペンと紙があれば5分で出来る!

2013.12.13

 

あなたは宇宙から「生きていいよ」と認められているんです。

自分を愛することが出来ない時に思い出すべき、科学的でスピリチュアルなたった一つの原則

2016.02.23

 

「区別」とともに、「自分という存在を肯定する」という感覚も育んでいきましょう。

より凹みにくくなっていきます。

 

私たちは成長することができる。

 

さらに、

 

否定されたのは「現時点」でのあなたの意見や行動です。

 

あなたはこれからいくらでも成長できるんです。

 

 

私たちは可能性の塊です。

いくらでも、何歳からでも成長することができるんです。

 

自分自身を成長させ、意見や発言、行動、振る舞いを必要に応じて変えていきましょう。

結果が出るように、受け取ってもらえるように、Yesをもらえるように。

 

自分を大切にしながらも、まわりのニーズにもYesを言う。

 

このような柔軟性を私たちは身につけていくことができるんです。

成長していくことで、さらに凹むことは減っていきます。

 

焦らずにこの「区別」を少しずつ根付かせていく。

 

いろいろお伝えしましたが、まずは「区別」の考え方。

 

これを少しずつ身につけていきましょう。

 

何かあったときに「自分の存在を否定されたわけではない。」という考えがすぐに出てくるように。

 

たとえば頑張って作った提案を上司からダメ出しされたとき、

こんなふうに受け止めましょう。

 

「この提案は上司にとってはイマイチだったんだな。

残念さはある。うん、この残念さは頑張った証。だからしっかり大切に味わおう。

・・・。うーん残念。。

とは言え、わたしは、わたし。私の価値は何も変わらない。

今回のフィードバックを学びに変えて、上司の意見を汲み取りつつ次を考えよう。」

 

こんなふうに受け取っていくことで、凹みも少なくなるし、気持ちの切り替えも早くなります。

 

凹むことも人生の醍醐味の1つではありますが、ほどほど、または少な目がいいですよね。

 

ちゃんと区別し、切り分けることで、あなたの人生をより良くしていきましょう。

 

 

皆さんも是非、試してみてください。

そして、効果があればお友達にもシェアしてあげてくださいね♪

 

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ

ますます輝く毎日になることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@輝くヒントでした。

 

注:残念ながら、世の中には私たちの行動や発言を否定するのではなく、人格否定や存在否定の言葉・振る舞いをしくてる人たちが存在します。そういう状況に対してはまた別の対応が必要になります。

 

あわせて読みたい。

自分を肯定する方法|ペンと紙があれば5分で出来る!

2013.12.13

自分を愛することが出来ない時に思い出すべき、科学的でスピリチュアルなたった一つの原則

2016.02.23
<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

河野 雅(こうの まさし)

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が15年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。