ポジティブシンキングの呪い|プラス思考だけでは人生うまくいかない理由。

 

明るく元気に生きたいのにすぐ落ち込んでしまう。

くよくよせずにポジティブに前向きに生きたい。

自分のネガティブを手放したいけどどうすればよいか。

 

こういった悩みを聞くことがよくあります。

この願い自体はとてもわかる!という感じなんですが、実は大きな落とし穴があるんです。

 

今回はポジティブシンキングの呪いと題して、何が問題なのかをわかりやすくお伝えします。

 

ポジティブを求めることは自然なこと。

 

まず大前提として

「ポジティブな生き方自体はとても価値あるものであり、私達人間は本質的にポジティブなものを求める生き物である。」

ということ。ここ大事なところです。

 

前向きさ、愛や歓び、つながり、平和、幸福、感謝の気持ち。

こういった状態で生きれたらそれは文句なしに素晴らしいですよね。

 

ポジティブに生きようとする努力は素晴らしいし人生とあなたの周りを豊かにしてくれるもの。ポジティブに生きようとする努力そのものはとても尊いものだ、ということ。

ポジティブシンキングもその使い方さえ謝らなければ呪いはかかりません。

 

ここを最初にしっかり押さえておきます。その上で。

 

スポンサーリンク

ポジティブシンキングの呪い

 

じゃあ何が問題か。

それは「ポジティブシンキングのみで、前向きのみ、光の方向のみ見ようとして、ネガティブは良くないものだ。」という姿勢になったときに問題が生まれんです。

 

なぜなら人はネガティブな側面も必ず持っているから。

 

怒りや悲しみ、嫉妬、過去の傷・トラウマ、誰かへの恨み、といった感情的なネガティブ。

傲慢や身勝手、臆病、強欲といった性格上のネガティブ。

私は幸せになれない、なりたくない、幸せや豊かさが怖い、といった無意識下に存在するネガティブな思い込み。

不完全で過ちを犯す存在、といった人間として誰もが持ち合わせるネガティブ。

 

こういった様々なネガティブな側面を私達は全員、一人として欠けること無くもっています。

ポジティブネガティブ両方あっての人間なんです。

それなのにポジティブだけ見ようとする、目指そうとすることが問題になるんです。

 

ポジティブシンキングの呪いが自己否定とやセルフネグレクトを作り出す

 

具体的にどのような問題が生まれるかというと、

ネガティブな自分が出てきたときにポジティブ一辺倒ではその存在を受け入れられません。肯定できません。

 

なので思考で「ネガティブな自分なんていない」「平気平気、前向きに生きよう」「気にしないのが一番」という姿勢を取り続けることになるんですが、これは自分の一部を無視すること、否定することになります。

 

自分の一部を否定することは、自分を否定すること。

 

結果として空虚感や自責の念、罪悪感、苦しみ、元気が湧いてこない状態などにつながるのです。

 

また、無視したり否定したりしても、結局ネガティブな側面がなくなったわけではありません。

ですので押さえつけたネガティブな側面は 無意識レベルで影響を与えてきたり、ときに暴発して自分と周りを傷つけたり、あなたの力を湧かなくさせたり、心身の病気といった形で表に出てこようします。

 

結果、ほんとうの意味での幸せや、人生がうまくいく、という状態から遠ざかってしまうのです。

 

人と会っているときやSNSでは ポジティブ!前向き! なのに 自分一人になるとどーんと落ち込んでしまったり、元気が湧いてこない人は、ポジティブでなければならない、という呪縛に囚われているのです。

 

では、この「ポジティブシンキングの呪い」をどうやって解いていけばいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク

両方あるのが人間。ネガティブを認めるところから始める。

 

私達は光も闇も抱えた存在です。

両方あるんです。

 

それをポジティブだけにして、心が痛いことがあっても くよくよせずに前を向いて頑張ろう!は短期的には可能でも、ずっとは続けられません。

 

なので、自分の中のネガティブな側面が出てきたら、その存在を認めてあげましょう。

 

「あー、傷ついてるな。落ち込んでるな。」

「あぁ、私の中の身勝手さが出てこようとしてるな。」

「私の中の未成熟な子どもが出てきて、パートナーに八つ当たりしてるな。」

 

など。

 

まずはネガティブな存在を認めること。否定しないこと。

そういった存在を内包する自分自身を責めないこと。認めてあげること。

 

認めると言っても、ネガティブに支配された行動を推奨しているのではありません。

支配されて行動するのではなく、観察して内面で認めるのです。

自分のネガティブな側面に気づき、観察し、受容する。

 

それがポジティブシンキングの呪いから脱する第一歩です。

 

その前に、もしあなたがポジティブを目指して頑張ってきたなら、そのことは思いっきり認めてあげましょう。

 

ポジティブのみを目指すのが正解、と思って、とてもとても頑張ってきたはずです。

 

その上で、自分自身のすべての要素を評価判断無く受け入れていきましょう。

「光も闇も両方私の大事な一部」

自分にそう言ってあげましょう。

 

自分のネガティブな側面もただただ思いやりをもって受け入れるようになっていくと、少しずつ確実に心の平安や穏やかさを感じられるようになっていきます。

 

それはもう素晴らしい内面的な変化が起きるんです!

なので一歩ずつ、忍耐力を持って自分のネガティブを受容していきましょう。

 

 

いいな、と思ったらこの記事をお友達にもシェアしてあげてくださいね。

 

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ、ますます輝く毎日になることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@輝くヒントでした。

<スポンサーリンク>

シェアしていただけると励みになります。ありがとうございます。

ABOUT US

河野 雅(こうの まさし)
阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が15年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。