大事な人から大切にされたい人、必見|人間関係の2つの原則。

 

何事にも原則があります。

 

たとえば、利水の原則。

 

水は低いところに流れていきますよね。これは自然の法則。

自然の法則に逆らって水を高いところにあげるのは、大変です。

 

労力がかかるし、効率が悪い。

だから、水の「低いところに流れていく」という特性をどう活かすか、が 利水の「原則」です。

 

水は低きに流れる。

 

じゃあ、人にはどんな原則があるんでしょう。

 

生きる上での自然の法則。特に「大切な人との関係」における人間関係の原則は?

 

この自然の法則=特に人間関係における原則を今回はご紹介します。

 

スポンサーリンク

人間関係の原則その1:とことん自分を大切にする。

 

いろいろありますがひとつあげると、やっぱり人って「自分」が大事なんです。

 

他にも大事なものはいっぱいある。他の人を大事にしたい気持ちもある。「他の人を大事にしなきゃ」「するべき」という声もある。それはそれで、あっていい。

 

でも、まず大事な大事な「自分」を大切にする。

 

大切にすること自体を目的として、歓びや幸せを感じながら、とことん自分を大切にしてみましょう。

 

内側から愛や幸せがみちあふれてきます。

 

具体的には、

 

自分のすべての感情を歓迎する。

自分の願い・ニーズを知ろうと努力する。

Noと言いたいことには、正直にNoという。

本当に自分が大事にしたいものを大事にする。

好きなモノを、好きと言って、大事にできるように挑み続ける。

 

などなど。こういったことを積み重ねていきましょう。

 

自分を満たすことで、自分の内側から愛や優しさがみちあふれてきます。

 

みちあふれる輝きぃ~。

 

そのみちあふれてきた愛や優しさで人に接すると、持続的に無理なく、自分以外も大切にしていくことができる。

 

だから、まずは「自分をとことん大切にする。」

 

これ、自然の法則に従った 人間関係の原則その1です。

 

人間関係の原則その1のポイント。

 

1.実は難しいので、技術が必要と心得る。

 

上記で書いた「自分を大切にする」って結構、難しいんです。

知識や技術が必要です。

そして、知識や技術は学んで身につけていく必要があります。

 

自分を大切にする方法。過去記事でもいろいろご紹介していますので参考にしてください。

元気を出したい!時間が無くても手軽に出来る8つの方法。

2018.05.13

[自分を大切にする] なぜ自分を癒すと人生が変わるのか、よくわかる寓話。

2016.03.09

 

2.完璧を目指さない。

 

「完璧に自分を満たそう。」「満たされるまで、何もしない。」というのもちょっと違います。

 

自分を大切にし続ける。満たし続ける。その姿勢を持ち続け、行動し続けるのは大事。

 

同時に、ある程度の段階で原則1を維持しつつ、原則その2に移りましょう。

 

スポンサーリンク

人間関係の原則その2:自分から相手を大切にする。

 

はい、どうぞ。

 

人は「自分が大切」ということは、そんな「大切な自分」のことを誰か他の人に大事にしてもらえると、やっぱり嬉しい。

 

自分を大切にしてくれる人のことは、やっぱり大事にしたいと思いますよね。

 

これは、夫婦関係、恋人関係、職場の人間関係、友人関係、全部に通じる原則です。

 

だから、大切な人と良好な関係を築きたかったら、誰かに大切にしてもらいたかったら、

まず自分から相手を大切にしましょう。優しく、思いやりを持って、関わってみましょう。

 

「なんで大事にしてくれないの。」

「もっと大切にしてよ。」

「もっとわかってほしい。」

「なんでわかってくれないの。」

 

こんな気持になること、ありますよね。とても人間らしい気持ちですし、全く否定されるものではないですが、

ただ、この気持ちから相手にアプローチするのは、

 

重力に逆らって水を高いところにあげるようなもので、非常に非効率で望む結果も得られにくいのです。

 

重いよ~。

 

人間関係の法則に従うなら。

 

良い人間関係を築きたい相手について、

 

「相手が何を大事にしているか」

「何を望んでいるのか」

「今、どんな気持ちなのか」

 

自分のことを考えるくらい、思いっきり考えてみましょう。

そして、その考えを実行に移してみましょう。

 

「わかってもらいたい」

なら、まず相手のことをわかろうとしましょう。

 

もしもーし。

 

そうすることが、良好な人間関係、お互い大切にし合える関係づくりに、遠回りなようで近道なのです。

 

良い人間関係を築きたかったら、

相手から大切にされたかったら、

まず自分から相手を大切にする。

 

これが人間関係の第二の原則です。

 

人間関係の第2の原則のポイント。

 

1.第一の原則ありき。

 

「自分を大切にする」第一の原則を満たしながら、第二の原則に取り組みましょう。

 

第一の原則を捨てて、第二の原則に注力しないこと。

 

自分を満たそうとしているから、ほんとうの意味で相手を大切にできるのです。

 

いきなり第二の原則「相手を大事に」というアプローチは、自覚的にかつ短期的にやるならありだと思いますが、

 

長期的に続けていくと、持続可能ではなくなり無理が生じ始めます。

最後はキレて破綻したり、自分を満たすために見返りを求めて相手を大事にしようとし始め、本当の意味で相手を大切にできなくなるからです。

 

しーん。。。

 

2.自分と相手は違う人間。

 

相手を大事にする行為も、相手のニーズとズレていたり、やり過ぎたりすると逆効果です。

「自分はこうしてもらったら嬉しいから、きっと相手も嬉しいだろう。」

こんな思い込みや、自己満足から行動したら逆効果になる場合もあります。

 

自分と相手は違う人間。

 

相手の反応を見ながら試していきましょう。

 

スポンサーリンク

人間関係の原則を生きよう。

 

自然の法則。原則はシンプルです。

第一の原則。

まず、自分をとことん大切にする。

 

第二の原則。

第一の原則でみちあふれてきた愛や歓び、優しさを相手に思いっきり注ぐ。

 

シンプルですよね。

シンプルですが、簡単ではありません。

 

途中でも述べましたが「自分を大切にする」のも技術が必要です。

 

今後も「自分や相手を大切にする技術」や精神的なことに関する記事、そしてセミナーをお届けしていきますので、「こういったことに興味がある」という方は、以下のLINE@にご登録ください。

今なら無料で小冊子もプレゼントいたします。

LINEをされている方ならボタン一つの簡単な登録ですので、お気軽にご登録ください。

すでに800人以上の方に登録いただいております(感謝)

 

いろんな知恵を活用して、少しずつ「自分と相手を大切にする上手」になっていきましょう。

 

いきなり大きな変化は望まずコツコツ続けたら、ある時一気に愛と優しさが内側から満ち溢れてきます。

 

そして、それを周りの人に注いだら、きっと、大事にされたい人からあなたが大事にされるようになる。

 

自分も含めた、大切な人を大切にする。

大切な人から大切にされる。

 

こんな循環が、水が低い所に流れていくように、なめらかに自然と起きていきます。

 

循環だぁ~。

 

原則に従った、無理のないルートを歩んで素晴らしい人生を創造していきましょう。

ここまで読んでくださったあなたには、その力があるから。

 

皆さんも是非、試してみてください。

そして、効果があればお友達にもシェアしてあげてくださいね♪

 

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ

ますます輝く毎日になることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@輝くヒントでした。

 

~~~~まとめ~~~~

・物事には原則がある。

・生きる上での原則その1:自分をとことん大切にする。

・生きる上での原則その2:大切にされたかったら、自分から相手を大切にする。

・第一の原則を尊重しつつ、第二の原則に取り組もう。

・それぞれの原則、結構難しい。技術を身に着けていこう。

~~~~~~~~~~

あわせて読みたい。

自分を愛することが出来ない時に思い出すべき、科学的でスピリチュアルなたった一つの原則

2016.02.23
<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

河野 雅(こうの まさし)

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が15年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。