自分の弱さを隠そうとすると、幸せから激しく遠ざかる6つの理由。

 

私たち人間は、弱さを持っていますよね。

 

たとえば、

傷つきやすさ、落ち込む気持ち、悩み、不安。

もろさ、ずるさ、臆病さ、恐れ、怠惰、とかとか。

 

ついつい隠したくなるダメな自分。

無いことにしたくなったりしますよね。

 

でも、自分の弱さを隠したり、否認することは、幸せから遠ざかるって知ってましたか?

 

そもそも、強さも弱さも両方あるのが人間。

 

強さ と 弱さ。

光 と 闇。

 

両方あるのが私たち人間です。

 

なんだけど、世の中的には、強さや光が歓迎されるし、ついついそこを見せたくなる。

 

 

格好良い自分。完璧な自分を見てもらいたい。

SNSのリア充自慢なんて、まさにコレですよねw

 

でも、弱い自分、ダメな自分、いますよね。

 

そう、みんな持ってる。

弱い自分。

ずるい自分。

臆病な自分。

 

怖がりなんです~。

 

傷つきやすくて、もろい自分。

 

そして、傷つきやすいんでしゅ~。

 

私たちの中に、いますよね。

 

みんなそういう面を持ってるのにも関わらず、

ついついそういうダメと自分で思っている自分を受け入れられなくて、

認めたくなくて、毛嫌いして、否認して、

 

ついつい、こんな感じで隠そうとしてしまう。

 

あたし、弱さなんて無いよ。

 

なぜ私たちは自分の弱さを隠そうとするのか。

 

子供の頃から成長する過程で、

 

良い子じゃないと=完璧でないと、愛されない。

弱さは価値がない。それどころか、罪である。

 

なんて思い込みにハマっていったりするんですよね。

 

 

さらに、

 

良い子だったら=完璧だったらチヤホヤされる。

注目してもらえる。認められる。愛される!

 

なんて思い込みを持ってしまい、

(実際、この戦略で欲しいものが得られる経験もあったでしょう)

これらを得るために、一生懸命隠すようになっちゃう。

 

いやぁー、そりゃ、認められたいし、愛されたいですもんね。

 

かく言う私も、愛されたい、チヤホヤされたい気持ち、あります!(笑

 

だから、弱さを隠そうとしたり、受け入れられないのは、

めっちゃ人間らしい、よくあるフツウのことなのです(^^)

 

特別なことではない。

 

まず、それをしっかり理解しましょう。

 

自分の弱さを隠すとどうなるか。

 

ただ、自分の弱さを隠すことで、疲れたり不安になったり自信が持てなかったりで、

幸せや安心をどんどん遠ざけてしまうんです。

 

具体的には、

 

1.自分の弱さを隠そうとして、人といると疲れる。

 

弱さを隠すために、エネルギー使いますよね。

「良い人と見られたい。」「ダメな自分を出さないように。」

いつも緊張感が微妙に存在して、リラックス出来ない。

 

これが非常に疲れます。。

 

人と会った後、どっと疲れるような方は、もしかしたら自分でも気付かず、

弱さを隠そうとしているかもしれませんね。

 

うーむ、疲れた。

 

2.不安がつきまとう。自分に自信が持てない。

 

「完璧・正解でなければならない」、という思い込みにはまりがちで、

でも、「完ぺきな人」にはなれないし、「弱さ」は無くならないので、

安心感が無く、いつも不安がつきまとう。

 

こんな状態なので、自分に対しても自信が持てません。

 

3.愛されたいのに、ありのままの自分を愛してもらえない。

 

そもそも、愛されたくて、認められたくて隠してるのに、

隠すことで、ありのままの自分を表現してないから、

ありのままの自分を愛されることが無い。

 

なんという矛盾!!!Σ(゚д゚lll)

 

4.実際に傷ついた時は、ショックが大きくなる。

 

傷つくことを必要以上に恐れてるから、傷ついた時のショックも大きくなる。

 

 

5.必要以上に自分を駆り立てる。

 

完璧な人間になろうと、欠けている自分(と、そう思い込んでいる)を満たそうと、

本意ではない、焦りや不安、嫉妬、欠乏感を原動力に頑張り過ぎちゃう。

頑張るのはええけど、本意ではない頑張りを続けてしまって、燃え尽きてしまうことも。。

 

6.人とのつながりも限定的。

 

弱さを隠したままだと、「きれいな面」=自分の一面だけでつながろうとするんやけど、

それはありのままの自分と違うので、人とのつながりも限定的になってしまいます。

 

本当に人と心でつながった、わかりあった、そんな感覚が感じられません。

 

 ———————–

 

・・・。

 

うーん、良かれと思って、幸せになりたくて、愛されたくてやってるのに、

幸せから激しく遠ざかってますよね(汗)

 

本末転倒。

 

完全な戦略間違いですね。

 

 

「弱い自分・ダメな自分を隠す」から、「ありのままの自分」へ。

 

とは言え、私たちは、子供の頃は良かれと思って、この戦略で頑張ってきたんです。

だから、弱い自分を隠そうとしてる自分も、責めずにいたいですよね。

なんとか、立派な人になろうと、頑張ってきたんやから(^^)

 

もしあなたが、弱さを受け入れ、もっと楽しく生きたいと思うなら、

まずは、弱さを隠そうとしている自分を、受け入れましょう。

 

「よくがんばったねー。」って。

 

さらに、弱い自分に気づいて、しっかりそこを受け入れていきましょう。

 

弱さも受け入れていくことが、ありのままで生きること(^o^)

 

ただ、これは実はめっちゃ勇気がいること。

だって、無いことにしてたもの、毛嫌いしてたものを認めるわけだし、

さらに、いままでの戦略を全面的に見直すことになるので。

 

なので、焦らず、丁寧に進めてくださいね。

 

 

ちなみに、弱さについてストレートに扱っている良書。

もしあなたが弱さを受け入れてありのままで自分らしく生きたいいなら、きっと力になってくれます。

 

ページ数も少なく、こういった本を読み慣れてない方も、読みやすいと思います。

「ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 ブレネー・ブラウン著

 

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ

輝きがみちあふれることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@まぶろぐ でした。

 

~~~~~~まとめ~~~~~~

・ついつい人は完璧さを求め、弱さを隠したり、毛嫌いする。

・それはめっちゃ人間らしいもの。

・でも、そのままだと幸せにたどり着かない。遠ざかる。

・その仕組をよく理解しよう。

・その上で、弱い自分、隠そうとする自分を受け入れていこう。

~~~~~~~~~~~~~~~

 

あわせて読みたい。

「落ち込んだ自分」という弱い部分への接し方。

落ち込んだ時に、真っ先にするべき、シンプルで簡単なたった一つのこと。

2016.03.02

あなたの弱い部分にも、宇宙は愛を注いでくれている、という考え方。

自分を愛したい。でも愛せない。そんな人にオススメな科学的でスピリチュアルな法則。

2016.02.23
<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。オーラソーマティーチャーである嫁さんと二人暮らし。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が10年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。