無条件に自分を肯定する方法|命のルーツで考える自分という奇跡。

 

「もっと自分を肯定したい。」「自己肯定感をあげたい。」「自信を持ちたい。」

 

今日の記事はそんなことを思っているあなたに、

自分を肯定するための一つの考え方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

自分を肯定するために、あなたの命のルーツをたどってみる。

 

あなたの命はどこから来たのでしょう。

ご両親から生まれた。当然ですよね。

 

 

そのご両親はそのまたご両親から。

それを考えると、人の命はずーっと、ずーっと遡れるんです。

 

人類が生まれたと言われているアフリカまで遡れます。

 

命のルーツをさらに遡ると。

 

あなたの命のルーツはアフリカで終わりません。

実はもっと遡れるんです。

命は突然、途中で無から生まれたりしないから、人類に進化する前の類人猿。

 

 

そのまた前の哺乳類。哺乳類の前と言われる鳥類。爬虫類。魚類。

もっと遡ると、地球の最初の生命、ミジンコ的なものまでずーっとずーっと、ずーーーーっと命のルーツは遡れるんです。

 

 

最新の科学では、

 

最初のたった一つの生命が現在の地球上の全生命の源、全生命のおばあちゃん

 

という説が有力とのこと。

 

そこから今のあなたに至るまでずーーーーっと命のバトンが受け渡され続けていることになります。

一回も途切れること無く。

 

スポンサーリンク

あなたという存在が奇跡。

 

あなたという命は地球最初の生命の末裔であり、ずっとつながってきている。一度たりとも命のバトンは途切れていない。

 

この事実ってすごくないですか?

 

あなたという命がいま生きていることは、ある側面から見ると奇跡的なことなんです。

 

何ができるか・できないか。

幸せか、そうでないか。

自信があるか、そうでないか。

愛されているか、そうでないか。

やりたいことができているか、できていないか。

経済的に豊かか、そうでないか。

 

こういうことに思い悩むことも人間らしいことだと思います。

 

しかし、これだけ大きな生命の物語に目を向けると、

「何ができる・できない」といったレベルの話を超えたところで

自分という命の奇跡、尊さがわかっていただけるのではないでしょうか。

 

あなたが今、生きているということ自体が奇跡であり、

あなたという存在はただ生きているだけでスペシャルなんです。

 

この考え方をもって、毎日を生きてみる。

 

「なるほど。」「そういう見方もあるのか。」と思ったあなた。

 

自分は奇跡の産物なんだ。奇跡の賜物なんだ。

 

この考えを頭の片隅に置いて、日々を過ごしてみてください。

少しずつ自分という命を肯定する気持ちが、きっと増えていきますから。

 

そして、余裕ができてきたら、

 

目の前にいる人も奇跡の賜物。

 

そう思ってみましょう。

その人を見る目が変わり、そして関係も少しずつ変わっていくことでしょう。

 

 

皆さんも是非、試してみてください。

そして、効果があればお友達にもシェアしてあげてくださいね♪

 

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ

ますます輝く毎日になることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@輝くヒントでした。

 

あわせて読みたい。

自分を肯定する方法|ペンと紙があれば5分で出来る!

2013.12.13
<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

河野 雅(こうの まさし)

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が15年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。