自分らしく生きたい人が必ず知っておきたい、「わがまま」と「ありのまま」の違い。

 

自分らしく「ありのまま」でいたいと思うけど、

わがままになっちゃうんじゃないか。。

 

「自分を大切にしよう」って最近よく聞くけど、

それって、ただの自分勝手じゃないの?

 

「わがまま」と「ありのまま」の違いがよくわからない。。。

 

こんなことを思う人、

こんなふうに思って自分にブレーキかけてる人。

 

いてはるんちゃいますかねぇ。

 

実は、

自分らしく、「ありのまま」でいることと、

「わがまま」は似て非なるものなんです!

 

この記事では、「わがまま」と「ありのまま」の違いについて、

一つの考え方を提示しますね。

 

そもそも「わがまま」とは?

 

①他人のことを考えず,自分の都合だけを考えて行動する・こと(さま)。身勝手。自分勝手。

コトバンクより

 

そう。こんなイメージですよね。わがまま。

 

自分の思い、ニーズを大切にしてる。

他人のことを考えず、自分の都合だけ。

自分だけ幸せになろうとする行為。

 

わがままですけど、何か?

 

じゃあ、「わがまま」という振る舞いがどんな結果を生むかというと、

 

一定の自己満足は得られるかもしれませんが、

その身勝手な振る舞いから、周りの人は困って、笑顔が減って、幸せでは無くなっていく。

 

周りの人の心は、「わがまま」な人から離れていく。

 

そう考えると、

 

わがままの結果として得られるものは、

「寂しさ」や「孤立」「虚しさ」など

 

なのです。

 

そして、後ほど理由は述べますが、

 

「わがまま」な本人が望んでいる、「幸せ」な状態にも辿りつけません。

 

じゃあ、「ありのまま」とは?

 

「ありのまま」とは、

 

何の粉飾もせず、実情のままであること(を表す。)

三省堂新明解国語辞典第5版より

 

このとおり、何の粉飾もしないので、ほんまに自分に素直な状態。

 

ほんまに素直で、自分の想いやニーズを大切にしている。

 

ここまでは、わがままと一緒。

 

なんだけど、自分のことを大切にしつつ、その気持に素直でありつつ、

 

「人とともにハッピーになりたい。大切な人の笑顔も見たい。」

という自分の気持ちにも素直なのが「ありのまま」なのです。

 

ありのままだぁー!

 

なぜなら、人は、大切な人が幸せであって欲しい、

という気持ちも持っている生き物。

 

人は、自分のニーズがかなったり、

たとえばどれだけ大金持ちになったりしても、

一人ぼっちだと決して幸せにはなれない存在。

 

あなたにとって大切な人が、笑顔のほうが、幸せな方が、あなたも嬉しいでしょう?

 

自分の想いやニーズをまず大切にしつつ、

 

「大切な人が幸せであって欲しい。」

 

という自分の想いも大切にしている。

 

ここが、「わがまま」と「ありのまま」の決定的に違うところなのです!!

 

ありのままでいることの難しさと、得られるもの。

 

「わがまま」の状態で得られるものは、寂しさや孤立など、

 

と言いましたが、ありのままでいようとすると、何が得られるのでしょう?

 

それは、「成長」、「つながり」、そして結果として「幸せ」「歓び」なんです。

 

いえーい!

 

なぜか。

 

そもそも、先ほど、さらっと話した、

 

自分を大切にしたい。

 

同時に、

 

相手も大切にしたい。

 

これって、簡単じゃない時、結構ありますよねー。

 

自分と相手のニーズが異なったりすることなんてしょっちゅう。

この2つは、少なからず相反しがちなものなのです。

 

まさに、「言うは易しやけど、行うは難し」。

 

で、簡単じゃないからこそ、そこにチャレンジし続けることが面白いし、

「成長」や、より強い「つながり」「絆」が生まれるんです。

 

具体的に言うと、たとえば、

 

あなたと大切な人のニーズがどうやら異なるみたいだけど、なんとか合意したい。

 

というようなケースに直面すると、

 

「わがまま」は我を通して、相手に我慢を強いたり、苦い思いをさせつつ、

自分の意見を押し切っちゃう。

または、思いが通らないとわかると、思いっきり拗ねたり暴れたりする。

 

俺がえらいんだぁー!

 

んだけど、

 

「ありのまま」でいようとするとは、

 

どっちかが我慢、というイージーな結論に飛びつくのではなく、

(よく話しあったうえなら、場合によっては、我慢もありとは思います。)

 

まずは、自分を大切にする。

自分の思い・ニーズを大切にし、相手に表明する。

 

さらに、相手の言い分。本当の想いやニーズに好奇心を向けて、よく聴く。

 

その上で、どうすれば良いか、お互いで対話を重ね、智慧を絞り、

合意点や第三の案などを生み出し、、、

 

という、

まさに「人とともに生きる」ことをガッツリやっていくことになるのです。

 

ともに生きようぜぃ。

 

だって、

自分も相手も幸せになることを諦めないのが、

「ありのまま」でいようとすることだから。

 

この答えのないプロセスを繰り返すことで、

人は成長し、より深く人とつながっていける。絆を創っていける。

「成長」と「つながり」を得られる。

 

そしてこの困難なプロセスを人とともに協力し、

成長すること自体、「幸せ」であり、「歓び」。

 

こりゃ、「ありのまま」で生きるチャレンジ、するしかないと思いませんか???

 

もっと、ありのままになっていきましょう。

 

この記事でご紹介した「わがまま」と「ありのまま」の考え方。

どうでしょう?

 

この記事をここまで読んでくださったあなたは、

きっと、周りの人を大切にしようとされてきたんじゃないでしょうか。

 

それは、とてつもなく尊く、素晴らしいことだと思います。

そのご自身をまずは認めて欲しいな、と思います。

 

でも、同時にもっと自分らしく生きたい。

 

そんな願いを持っているなら、もっと 「ありのまま」 になっちゃいましょう。

 

もう、思いっきり!!

 

その第一歩は、まず、「自分を大切にする」ことから。

(「相手を大切にする」は二歩目です。)

 

まず、自分の思い、ニーズを大切にしましょう。

なぜなら、自分を大切にしないと、相手をほんとうの意味で大切に出来ないから。

 

詳しくは、こちらの記事をお読みください(^^

大切な人に大切にされる生き方。自然の法則にもとづいた「生きる上での2つの原則」

2016.03.01

 

 

で、この「自分を大切にする」ってのがまた簡単じゃなかったりするんですよね。

(なので、このブログのサブタイトルにでーん!と書いてあるのです)

 

具体的な「自分を大切にする方法」はこのブログでもいろいろ紹介していきますが、

 

今回の記事でのオススメは、ちょっとチャレンジ。

 

少し「わがまま」に針を振っちゃいましょう。

 

人と何か話をしてる時に(チャレンジするときは、相手を選びましょう)、

 

「この考えって、ちょっとわがままかも」

 

と思った自分の真実を、思ったことを、口に出してみる。

 

「私はこうしたい。」

「私は、それは嫌だなぁ。」

 

これやってみましょ!

 

どこまでが「わがまま」で、どこまでが「ありのまま」か、

線引が難しいので、まずは思い切って、真実の自分を表現する!のです。

 

意外とわがままとは受け取られず、受け入れられたりしますよ。

 

痛い思いをする場合もあるけど( ̄□ ̄;)それも学びです。

 

その上で、相手の本音にも好奇心を向ける。

 

この順番を肝に銘じて、トライアンドエラー。

 

これを積み重ねていくことで、ちょっとずつ

ほんまの「ありのままの自分」をつかみとっていきましょう。

 

かくいう私もぎょうさん怪我しながら、歩み続けてますw

 

この道のり自体、素晴らしいし、ありのままの自分になればなるほど、

ほんまに人生が変わっていきます。

 

生きてることが楽で、軽やかで、楽しく、歓びに満ち溢れていきますよ\(^o^)/

 

ありのぉ~、ままのぉ~♪

 

皆さんも是非、チャレンジしてみてください。

そして、何か感じることがあればお友達にもシェアしてあげてくださいね♪

 

読んでくださって、ありがとうございます!

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ

ますます輝く毎日になることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@まぶろぐ でした。

 

追伸:ありのまま への誤解は他にもあるので、また書きたいと思ってます(^o^)

 

~~~まとめ~~~

・「わがまま」と「ありのまま」は似て非なるもの。

・「わがまま」とは、自分のみ幸せになろうとすること(それは不可能)。

・「ありのまま」は、自分と他者が幸せになることに素直な状態。

・でも「ありのまま」は簡単じゃない。

・簡単じゃないからこそ、「成長」「つながり」「幸せ」「歓び」などが漏れ無くついてくる。

・だから、この最高の道を歩みましょう(^o^)

・最初は、「ちょっとわがままかな」くらいから試し始める。

~~~~~~~~

あわせて読みたい。

↓ありのままに、自分らしく生きるには、自分の弱さも受け入れていくことが不可欠。

自分の弱さを認めると得られる、宝石のような5つの幸せ。

2013.11.26

↓自分に正直に、嫌な時は「No」「嫌だ」と言いたい方へ。

家族・職場・友人。相手と自分を大切にするために必ず知っておきたい、「人間関係の境界線」

2016.03.21

↓まず自分を大切にすることが、自分らしくありのままに生きる秘訣。

大切な人に大切にされる生き方。自然の法則にもとづいた「生きる上での2つの原則」

2016.03.01
<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。オーラソーマティーチャーである嫁さんと二人暮らし。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が10年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。