人間関係が楽になる、シンプルでパワフルな方法。「コントロールを手放す」

 

コミュニケーション、人間関係でうまくいかないこと、ありますよねー。

 

「言ったことがうまく伝わってない。伝わらない。」

 

「期待した反応が返ってこない。」

 

「職場のチームの状態がいまいち。。」

 

「旦那が(嫁さんが)全然言うこと聴いてくれない。」

 

「子育てに悩んでる。。」

 

こういう状況で、イライラしたり、モヤモヤすること、ありますよねぇ。

 

この、イライラ、モヤモヤを減らしていき、

日々を気持よく穏やかに過ごす考え方をご紹介( ´ ▽ ` )ノ

 

スポンサーリンク

そもそも、なぜ人間関係でイライラ・モヤモヤするか。

 

それは、無意識に、状況やコントロール出来る、思い通りにいく、

と思っている部分があるからです。

 

スマホやパソコン、テレビにエアコン。エレベーター。

 

たいてい、スイッチ入れたら、動いてくれますよね。

 

こういった、自分でコントロールできるものに囲まれすぎて、

ついつい、人も、人間関係もコントロールできる、と思ってしまうのです。

 

また、自分の考えが「正しい」「当たり前だ」と思っている時も、イライラしがち。

 

でも、よく考えると(ってか、よく考えなくても・笑)

 

相手は別の生き物であり、意志や価値観、考え方を持っている。

 

思い通りにいくわけ無いし、

私たちが絶対正しいってことも無いんですよねぇ。ほんまは。

 

そうだよねぇ。。

 

人間関係でコントロールできるものにフォーカスしよう。

 

そもそも、人間関係で、コントロールできるのは、

自分の行動。気持ち(ある程度)。意識の向け先。

 

などなど。

 

要は自分です。

 

あたしだー。

 

そして、

 

コントロール出来ないのは、相手の言動、ふるまい、反応、気持ち。

 

などなど。

 

要は相手です。

 

冷静な時は 当たり前のことですが、

イライラしだしたりすると意外と忘れてしまうこの真実。

 

ここをしっかり押さえましょう。

 

そして、コントロール出来ないものをコントロールしようとするのは、やめましょう。

 

ただし、諦めるのとはちがいます。

 

自分が実現したい状態や、願いはしっかり持ちつつ、相手の一つ一つの反応に過剰に反応しない。

 

こういう状態を目指しましょう(^o^)

 

スポンサーリンク

人間関係でコントロールを手放す最初の一歩。

 

まずは、気になっている人間関係などで、

「コントロールできること」

「コントロールできないこと」

を書きだしてみましょう。

 

たとえば、

 

「コントロールできること」

 

・自分の朝の挨拶。

・笑顔で話を聴くこと。

・丁寧な説明。

・説明の後、相手に伝わったか確認すること。

・予想外の反応が返ってくることを覚悟しておくこと。

・さらに、予想外な展開からへこたれずにベストを尽くすこと。

 

などなど・・・。

 

「コントロール出来ないこと」

 

・パートナーから挨拶が返ってくるかどうか。

・相手の気持ちや表情。

・相手が理解できたかどうか。

・相手のやる気。

・今のチームの雰囲気。

・子どもの反応。

 

などなど・・・。

 

こんな感じで、具体的に!

 

頭でわかってる状態から、さらに腑に落ちて、これだけで、ぐっと意識が楽になります。

 

書きだすってすごいですよね。

 

いきなりは出来なくても、少しずつ。

 

願いは持ちつつ、コントロールできるものに集中し、コントロール出来ないものは手放す。

 

これ、言うは易し行うは難し。ですよね、ほんまに。

 

しかも、私たちにとって「思い通りになる」「自分が正しい」という呪縛は、かーなーりー強い。

 

なので、「わかってて、イライラしてしまった!」時も、自分に優しくするのがポイント。

 

「あるある。あるよね。」

 

くらいの感じで( ´ ▽ ` )ノ

 

少しずつ、三歩進んで二歩下がるくらいで焦らず、息長く取り組んでいきましょう。

 

できることは、コツコツ意識し続けること。一歩一歩歩み続けること。

 

Fotolia_26927_Subscription_Monthly_M[1]_thumb

 

そして、

疲れたらしっかり休むこと。

そして、疲れが取れてきたら、また歩み始めること。

 

これもコントロールできますね(*^_^*)

 

さいごに。

 

私たちが感じているイライラは、願いの裏返し。

 

こうなりたい、という理想の状態があるから、イライラするんです。

 

なので、イライラしている自分も認めてあげてくださいo(^o^)o

 

その上で、イライラし続けるのではなく、

あなたが影響を及ぼせるところにフォーカスしていきましょう。

 

コントロールを手放し、イライラにとらわれず、自分に集中する、ということは、

自分の時間、エネルギーを大切にする、ということ。

 

そして、不思議な事に、コントロールを手放すと、

逆に、相手の反応が予想外に良かったり、

願いがあっさり実現したりすることもありますよーヾ(〃^∇^)ノ

(これも、期待せず、ですが・笑)

 

 

皆さんも是非、試してみてください。

そして、効果があればお友達にもシェアしてあげてくださいね♪

 

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ

輝きがみちあふれることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@まぶろぐ でした。

 

~~~まとめ~~~

・人はついつい、他人をコントロールできる、思い通りに出来ると思いがち。

・でも、他人はコントロールできなくて当たり前!

・コントロールできる自分の行動・気持ちに集中しよう。

・まずは、コントロールできること、できないことを書き出してみましょう。

~~~~~~~~

あわせて読みたい。こちらも、自分がコントロールできる「自分の伝え方。」の工夫です。

相手を傷つけず自分を主張する。より良い人間関係づくりに欠かせないアプローチとは。

2016.02.18
<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

河野 雅(こうの まさし)

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が15年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。