待ち時間などでイライラしそうなときに、心が穏やかになる過ごし方。イマジネーションゲームのご紹介。

 

お店とか、サービスを受ける際に、

待ち時間ができるとき、ありますよね。

 

たとえば、

 

レストランで料理を待っている時。

アパレルショップで店員さんが他のお客の接客を終えるのを待っている時。

駅の窓口に並んで、自分の番を待っている時。

 

などなど。

日常、いくらでもありますよね。

 

「うーん、これは長引きそうか?」

「いつまで待たせるねん。。」

 

微妙にイライラしだす。。

こういう時、スマホとかに手を伸ばして、

時間つぶし。イライラを散らす。

 

これもいいですよねぇ。

 

ただ、個人的にオススメの時間の使い方が

あるので、それを今回はご紹介!

 

想像力を活かして、ゲームをする。

 

どんな使い方か。

 

それは、想像力を駆使して、

イマジネーションゲームを楽しむ、

 

というもの。

 

想像力・・・。

 

このゲームの前提として、

 

お店の店員さんは、あなたにとって

サービスを提供してくれる「店員さん」やけど、

ある人にとっては大切な息子や娘。

ある人にとっては、父や母。

ある人にとっては、欠けがえのない友人やパートナー。

 

ですよね。

 

いやっほー!

 

この前提から、ゲーム開始は、こんな問からはじめてみましょう!

 

「どんな、父や母に育てられたろう?」

 

「お子さんはいるのかな。もしいるなら、どんなお子さんなんだろう。」

 

「どんな友人たちがいるんだろう。」

 

「どんな人生を歩んできたのかなぁ。」

 

「最近はどんな調子かな。幸せに過ごせてるかな。」

 

「悩みがあるとしたら、どんな悩みかな。」

 

く・く・く・く・くえすちょん♪

 

問を持つだけで、「店員さん」としてだけ見ていた時から

奥行きを持って、人としてその人を見ることができる。

 

人としてその人を見ることができるようになると、

少しずつ、自分の気持ちも穏やかになっていきます。

 

そして、サービスしてくれていることへも

感謝の気持が湧きやすくなってきます(^o^)

 

さらに、こんな時にもオススメ!

 

へぇ~。。。

 

あなたが不愉快になるような

接客をする店員さんもいますよねぇ。

 

たとえば、

 

機嫌が悪そうな人とか、

ぜんぜん気が利かない人とか。

 

そういう時も、想像力を働かせてみよう。

 

もしかしたら、ご両親が具合が悪いかもしれない。

可愛がっているペットが、手術を控えているかもしれないし、

 

ひどい頭痛に悩まされているかもしれない。

 

上司から怒られたばかりかもしれないし、

昨晩深夜までパートナーと揉めていたかもしれないし、

 

逆に、恋人と旅行に行きたかったのに、

同僚の病気で泣く泣く、お店に来ているのかもしれない。

 

そう思って、相手のことを見てみると、 ちょっと気持ちが変わっていく。

 

光が広がるぜぇ。ワイルドだろぉ?

 

真実はわからないけど、大切なのはあなたの気持ち。

 

当然、うえで挙げたような状況でもちゃんと接客するのが

本当のプロフェッショナル、という意見もありますよね。

 

その意見も、わかります。

 

更に言うと、真実はわかりません。

 

全くそんなことはなくて、

 

いーーーっつも、こういう接客の人もいるやろうしw

単に教育が足らないだけかもしれない。。

 

ただ、

こういう想像をすることで、自分の気持ちが変わる。

自分が優しく、穏やかに、心地よく過ごせる。

 

そういう結果が得られるなら、

 

真実なんてどうでもええやん!(爆

 

と、私は思うのです。

 

本来のあなたで、過ごすために。

 

こういう想像力を駆使することで、

私たちは、本来の感謝と優しさのスペースにとどまれる。

 

仮に、あなたが、何か注意したくて、伝えたくて

相手に言葉をかけるとしても

(これもありだし、大切な行為ですよね。)

 

この優しく穏やかなスペースから言葉をかけるのと、

イライラして、相手を否定するようなスペースから言葉をかけるのと、

 

相手へのインパクトは全然違うし、

当然、その先の展開も変わっていきます。

 

—————-

 

誰しも完璧な人なんていません。

生きてりゃいろんな事ありますよね。

 

イライラ・カリカリするのも、穏やかに優しく過ごすのも、私たちの選択。

 

まず自分から、平和で穏やかなスペースをはじめていきましょう。

 

それが少しでも周りに伝播して、広がっていったら、ええですよねぇ。

 

穏やかぁ~。

 

想像力を駆使して、イマジネーションゲームで

お店でのちょっとした待ち時間を楽しく、

優しさに満ちた時間にしていこう\(^o^)/

 

自分の時間を、自分で穏やかで、優しさに満ちた時間にしていく、

ということは、まさに、「自分を大切にする」ことなのです。

 

皆さんも是非、イマジネーションゲームを試してみてください。

そして、何か感じることがあればお友達にもシェアしてあげてくださいね♪

 

読んでくださって、ありがとうございます!

 

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ

ますます輝く毎日になることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@まぶろぐ でした。

 

~~~まとめ~~~

・待ち時間などは、想像力を働かせたゲームをしてみよう。

・また、不愉快な接客の時も、試してみよう。

・真実はわからないけど、大切なのは、自分がどんな気持ちで過ごすか。

・自分の気持ちを選択していくことも、めちゃ自分を大切にすること。

~~~~~~~~

<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。オーラソーマティーチャーである嫁さんと二人暮らし。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が10年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。