いちごの美味しい食べ方|いちご農家に教わったシンプルな方法




 

生のままの、加工しない状態での いちごの美味しい食べ方、知ってますか?

いちごは食べ方によって、美味しさが大きく変わるんです。

 

本記事では

宮崎のイチゴ農家さんから教わった、イチゴを美味しく食べる方法!!

をお教えします。

 

いちごの美味しい食べ方は、超シンプル。

 

イチゴは先に行けば行くほど、糖度が増すそうです。

 

逆に、イチゴのヘタに近い方は酸っぱい。

 

いちごを大解剖。

 

なので、酸っぱい方から食べましょう。

 

酸っぱい → 甘い でギャップが大きくなり、

より甘く美味しく感じる!!!

 

逆に、先っちょから食べると、甘い → 酸っぱい で、

より酸っぱく感じてしまいます!!

 

その差、当社比2倍!(私の完全な主観ですw)

 

そう、この方法だと確実にいちごが美味しくなるんです。

 

スポンサーリンク

早速やってみましょう。

 

まずはイチゴを用意。

 

糖度の差がわかりやすいように、大きめのイチゴ。

 

今回は、熊本いちご。紅ほっぺさんに登場いただきました。

 

紅ほっぺ。。。

 

もう、見てるだけで美味しそうですね~。。。

 

存在感(プレゼンス)が半端ない。。

 

ヘタをとって、ヘタの方から食べる。

 

パクっ。

 

すっぱぁ~い。。

 

おお!確かに酸っぱい。。

 

そして、続けて先っちょを食べる。

 

パクっ。

 

んまぁーいっ!

 

こ、こ、これは、ほんまに甘い。甘く感じるッ!

 

人生において、これを知ると知らないでは、大きな差!!

 

大げさに言うと、こういう小さな知恵と工夫の積み重ねで、

人生は変わっていくんですよね。

 

(ほんまに大げさw)

 

人生をより良くするために、まずはこのイチゴの食べ方をマスターしよう!!

 

いちごのおかげで、一歩リード!

 

皆さんも是非、試してみてください。

そして、ほんまに美味しかったら、友達にもシェアしてあげてくださいね♪

 

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ

ますます輝く毎日になることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@輝くヒント でした。

 

~~~~まとめ~~~~

・イチゴは先に行くほど、糖度が高い。

・人生を甘くしたい人は、ヘタの方から食べよう。

・人生を酸っぱくしたい人は、先っちょから食べよう。

・これまで食べたイチゴの数は、わからなくても大丈夫。

~~~~~~~~~~~

<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

河野 雅(こうの まさし)

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が15年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。