ネガティブなエネルギーを受けやすい人必見!チャクラとイメージを活用した自分の守り方。

 

会った人からネガティブ※なエネルギーをもらったり。

 

愚痴が多い人と一緒にいて、愚痴を聞き続けるはめになったり。

 

めっちゃ緊張する人と長時間一緒にいたり。

 

コーチやセラピストで、クライアントさんの「自分とあわない気」をもらったり。

 

人混みでめっちゃ疲れたり。

 

——-

 

繊細な人、敏感な人、鋭敏な人、感性の鋭い人は、

この社会で生きていくうえで、いろんな苦労がありますよねぇ。

 

特に、この傾向が強い人は、「エンパス体質」と

呼ばれ、今の時代、相当生きにくいと思います。

 

かくいう私も、どちらかと言うと(て言うか、かなり)敏感。鋭敏。繊細。

 

ここ数年はありませんが、

過去において、出会った人から「自分にあわない気」もらったり、

 

他にも、愚痴満載の人の話を聞いて、エネルギーにやられちゃったり、

 

その後、ぐったり。。ダウン・・・・。

 

なことがありました。

 

うーん、疲れた。。。

 

様々な工夫、努力で、自分自身を変えてきましたが、

 

今回は「人の「気(氣)」をもらいやすい人に、

チャクラとイメージを使った、

防御の方法をご紹介しまーす―( ´ ▽ ` )ノ

 

※ちなみに、そもそもエネルギー・氣にネガティブ・ポジティブは無く、

人が評価してそういう名前をつけているだけだと自分は思っています。

ネガティブを「悪いもの」とは思ってませんが、この表現が一番

伝わりやすいかと思って、便宜上こういう表現にしています。

 

そもそもチャクラとは?

 

チャクラとは、サンスクリット語で、「車輪」を意味し、

ヒンドゥー教やハタ・ヨーガなどで生まれた考え方です。

ウィキペティアによると、

人の体(やその周りにあるエネルギー体)に7つある「気=エネルギー」の出入口、エネルギーセンターのことを言います。

Wikipedia チャクラの説明より

 

という説明になっています。

 

このチャクラが乱れると、心や体が乱れ、エネルギーもダウン、

落ち込みやすくなります。

 

逆に言うと、

 

チャクラが整うと、心や体が整っていき、

ええ感じで日々を過ごせるようになっていくのです。

 

特にネガティブな「氣」を受けるのは、第三チャクラ

 

チャクラは、それぞれ人体のどこに位置するか、

という「場所」に加え、「意味」や「色」を持っています。

 

チャクラでおます~。

 

また、トレーニングによってチャクラを開いたり閉じたりすることが

出来るようになっていきます。

 

ネガティブで有害なエネルギーを拾ってしまうのは、

 

第三チャクラ。

 

場所で言うとみぞおちあたり。

色で言うと黄色です。

 

第三チャクラは、体の中の太陽とも言われ、

「自分らしさ」「自信」「パワー」などを司っています。

 

太陽でおます~。

 

このチャクラが不用意に開いてしまっていると、

ネガティブなエネルギーがどんどん入ってきてしまい、

冒頭のような「氣をもらってしまう」ことになるのです。

 

繊細な人にとっては、由々しき問題です!

 

第三チャクラの閉じ方。

 

第三チャクラを閉じて、ネガティブなエネルギーを

もらわないようにする方法は、いくつかあるのですが、

 

今回のチャクラとイメージを使った守り方を

チャクラヒーリング」という書籍からご紹介します( ´ ▽ ` )ノ

 

ためしに今、あなたのソーラー・プレクサス・チャクラ(第三チャクラのこと)に満開の黄色い花があると想像し、目を閉じて、その花が閉じて堅い蕾になるところを思い描いてみてください。

ブレンダ・デーヴィス著 チャクラヒーリング P180より

 

みぞおちあたりにある、満開の黄色い花。

 

ひらいてます~。

上の状態から、

下の状態へ。

閉じてます~。

 

実際、試しにイメージでやってみてください( ´ ▽ ` )ノ

 

下の写真が、むやみに開いて、色んなエネルギーをもらわない、

「大切な自分を守っている」状態です。

 

・・・。

 

出来ましたか?

 

こういうの、得意な人と、そうでない人がいるので、

ピンと来なかったら、他の方法が向いているかもしれません。

 

きっちり使いこなすには、練習が必要。

 

ちょっとピンと来て、「試してみようかな」 と思ったあなた!

 

普段から瞑想などをしながら、

 

この黄色い花が開き、太陽が輝いている=自身に満ち溢れた状態。

と、

つぼみが閉じて、自分を守っている状態。

 

をイメージして、感覚をつかんでいきましょう。

 

感覚がクリアに体に染付ついていくと、さらに効果は高くなっていきます。

 

また、自分が無防備に周囲にチャクラ(お花)を開いてないかどうか、

チェックできると、「ひらく・とじる」の選択が出来て、いいですよねぇ。

 

都市の雑踏の中などに行くときも

このお花の蕾を閉じることをおすすめします。

 

 

自分はこのアプローチを知って、使えるようになってから、

さらに影響を受けにくくなりました。

 

繊細さも、あなたのギフト。自分をしっかり守りましょう。

 

私は、自分の繊細さ、うとましく思ってた時期、ありましたねぇ。

 

影響を受けない人を見て、その人の強さを羨ましく思ったり、「ああなりたい」と憧れたり。

 

ぶっちゃけ、今でも、生きづらいと感じる時はありますw

 

でも、今は、同時に、自分のこの繊細さが愛おしいですなぁ~。

 

なぜなら、これも自分自身であり、

使いようによって、人と自分を、自分らしく幸せに出来るギフト、

自分のもってる能力だと思うようになったから。

 

繊細だからこそ、たくさんのことに気づくことが出来ます。

人に、繊細にやさしくできます。

(当然、出来無い時もありますがw)

 

繊細さを持ち合わせた人にしか出来ない、サポートの仕方があり、

繊細な人だからこそ、味わえる幸せや歓びがある。

 

そして、当然、タフな人にはタフな人ならではのギフトがある(^o^)

 

おっしゃぁ~。

 

だから、まずは、その繊細な自分を肯定し、

そういう自分を大切にすること。

自分をしっかり守る術を身につけること。

が大事だと思います。

 

だって、ほんまに大切にしたい人と向き合うときに、

疲弊してたら、元も子もないですもんね。

 

繊細な自分をとことん大事にするために、

必要な技術・方法を身につけ、

自分らしく伸び伸び生きていきましょう(^o^)

 

ここまで読んでくれはって、ありがとうございます!

 

皆さんも是非、試してみてください。

そして、効果があればお友達にもシェアしてあげてくださいね♪

 

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ

ますます輝く毎日になることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@まぶろぐ でした。

————-

参考図書:魂からの癒し チャクラ・ヒーリング

もともと西洋医療のお医者さんだった筆者が

スピリチュアルに目覚めていき、本書を執筆したため、

ふわっとしてなくて、わかりやすいです。オススメです!

~~~~まとめ~~~~

・人の「氣」をもらっちゃう人は、防御法を身につけよう。

・いろいろ方法はあるけど、チャクラとイメージで守る方法があります。

・第3チャクラに、お花をイメージして、守りたい時は、イメージの中でそのお花を蕾にする。

・使えそうなら、ぜひ使ってください。

・繊細さも、ギフト。大切にしていきましょう。

~~~~~~~~~~

<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。オーラソーマティーチャーである嫁さんと二人暮らし。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が10年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。