ハワイに行くなら、カウアイ島を熱くお勧めする5つの理由。

 

ハワイ、お好きですか?

ほうほう、お好きですかぁ。

 

行く予定があっても、無くても、もし行くなら、

どこに行きたいっすか?

 

ん?ホノルル?

 

ハワイ島?ビッグアイランド。いいですよねぇ。

 

マウイ島?

あー、いいですねぇ。島全体に優しい感じが満ちてますよね。

 

うん、どれもええですねぇ。私も大好き。

 

ステキやん。

でもね、、、、

 

カウアイ島を外してほしくなーい!!!!!

 

あんなステキな島はなかなか無いのですよ。

もう、フォーリンラブなのですよ、私。

もう、ぎゅーっっっとなりますねん、胸が。

カウアイ島のこと考えたらw

 

今まで4回行って(2017年3月時点)、

全滞在日数が約一ヶ月くらいになってるので、

結構詳しくなってきています。

 

で、オススメの理由をまとめてみました。

 

1.ダイナミックで雄大な自然。

 

ジュラシックパークの撮影地になった、

というのもうなずける、素晴らしい自然の数々。

ハワイの島々のなかで最も古い、

500~600万年前に島ができたと言われているカウアイ島。

 

そのおかげで、風雨の浸食による絶景や、

植物がわんさか生えていて、

 

もう、神様のアートとしか思えないような景色が

これでもか、と島中にあふれています!

 

◆ワイメアキャニオン。

どーん!

グレート!

 

トムソーヤの冒険の作者、マーク・トウェインが

「太平洋のグランドキャニオン」と表現したとも言われる、

(でもこれ、都市伝説らしい・笑)ワイメアキャニオン。

 

ここはもう、「うわーーーーーっ!」って

叫びだしたくなるくらいステキな景色の連続。

 

特に、キャニオン好きにはたまらないと思います。

 

そして、魅力的なトレイルの数々。

またぼちぼちトレイルはご紹介していきたいけども、

まずはちょっぴり写真をあーーーップ!

 

ワイメア・キャニオン02

 

上の写真、小さく嫁さんが写ってるんですが、わかりますか?

 

ワイメアキャニオン03

 

絶景を見ながら、こんな感じのトレイルを満喫できます。

 

以下はまた別の場所からワイメアキャニオンを見下ろす。

ワイメア・キャニオン04

 

◆人が少なく、美しいビーチの数々。

 

ハワイの島々の中で古株の島であるカウアイ島。

 

ハワイ島は、出来たばかりなので、溶岩のビーチですが、

カウアイ島は古い島なので、風雨の浸食で素晴らしい砂浜のビーチがわんさこら。

 

アナホラ・ビーチ。

ビーチ02

 

下の写真はシークレットビーチ。遠目から見て、ほとんど誰もおりません!

シークレットビーチ01

 

下の写真は、ビーチに到着して写したもの。こんな感じ。

シークレットビーチ02

 

こちらも別のビーチ。写ってるのはワタシ。海が綺麗すぎる・・。

ビーチ01

 

◆ナ・パリ・コースト。

ナ・パリ・コースト。

こちらも絶景。

まさに神々のアートと思える奇景。

上の写真の崖沿いのトレイルを延々と歩けます。

トレイル名:カララウトレイル(KALALAU TRAIL)

 

途中、メインのトレイルを外れて、島の内部に入っていくと、こんな滝もあります。

カララウトレイルから外れて、歩くこと約1.5時間くらい。

ハナカピアイフォール(Hanakapiai Fals)

 

この滝は、ぜひ行ってみて欲しいですね~。

滝01

 

上の写真やと、滝の大きさ、ピンと来ないですよね。

実はかなり離れたとこから撮ってます。

 

コチラは滝壺まで辿り着いた時の写真。

左下に小さく写ってるのは私です。

滝02

 

・・・。

 

滝、でかっ!

 

でしょ?

滝の巨大さ、伝わるでしょうか。

 

あああああ。

 

語っていると、もうとろけそうです。

行きたい。

また行きたくなってきた!

すいません、一人で盛り上がって(汗

 

2.島自体、手頃な大きさ。

 

少し冷静になって、他の要素についても語ってみましょう。

ふぅ。

お茶でも飲んで、ちょっと一息。

 

ふー。お茶で一服。

 

さて、このカウアイ島。

ええ感じの大きさで、ちょっと車で頑張れば島の北から南まで行けるのです。

 

島の南のリゾートタウン、ポイプ(Poipu)

から

島の北側にある ハナレイ (Hanalei)の街まで約50マイル。

 

約75kmですなー。2時間位あれば移動可能。

 

この手頃な大きさ、

ハワイ島、ビッグアイランドはデカすぎで、運転かなり頑張らんと

島の逆側に行けませんが、

 

カウアイ島の場合、数日いたら、大体わかってきて、

行きたいところにひゅーっと行ける。

そんな、小さすぎず大きすぎずが、また魅力の一つと思ってますです。

 

 

ちょっと落ち着いてきました。

 

3.ええ感じの田舎具合。

 

地元のひとたち、基本、笑顔ですなぁ。

ハワイの中では、やっぱりマイナーな部類に入るカウアイ島。

 

観光客の数も他の島に比べると少ないし、雰囲気も牧歌的。

 

ホノルルのように都会化されてないのが、自分は好きです。

 

ホノルルでは当然ながら、人とスレ違いまくるので、目も合わさず、素通りですが、

 

カウアイ島は人が少ないので、場合によって、

相手によって、場所によってではありますが、

 

全然知らない人とすれ違った時に「Hi♪」と

声をかけれるチャンスが多いのも自分にとって魅力。

 

4.キャンプ場も点在。格安で泊まれる。

 

島中にテントサイトがあり、一人5$から泊まれる!!

当然テントは要、持参ですが。

これはアニニ・ビーチにあるテントサイトに我々のテントを張った写真。

2010年当時、持っていたテント。

 

ビーチのキャンプ場。

 

奥に見えるのは、海。

全面オーシャンビューです!!

下の写真は、ワイメアキャニオンの上にあるYWCAのテントサイト。

YWCAのキャンプ場

黄色いテントが我々のもの。

 

このスペース、ほぼ貸切状態ッ!!!

 

いや、ほんまに最高なんですよ、カウアイ島でキャンプ。

 

カウアイ島のキャンプ泊については以下の記事参照。

絶対オススメ!ハワイ・カウアイ島でキャンプするなら、この穴場キャンプ場!!【山の中編。】

2017.02.28

ハワイ・カウアイ島でキャンプ泊を激しくオススメする3つの理由。

2016.04.11

 

5.グレートなガイド本が翻訳されている!

 

これ。

この本だぁ!

 

カウアイ島ネイチャーガイドブック。

これは気合の入った、ガイド本なんですわー。

 

全部、作者が実際に体験したものをレビューしており、

かつ、レストランやホテルから、掲載料をもらってないので、表現に遠慮がない(笑

 

マニアックなトレイルや場所なんかにも訪れていて、

読んでるだけでも面白くてワクワクしてきます。

 

作者たちがどれくらいカウアイ島を愛していて、

しかも紹介すること、レビューすることに

こだわりを持っているかは、本書のP8~9に凝縮して書いてあります。

 

ここだけ読んでいても胸がちょっぴり熱くなる、なかなかのガイド本なのです。

 

 

このシリーズ、アルティメットハワイシリーズということでアメリカでは有名で、

ハワイの全島あるんですが、なぜか、今のところ(2016年3月時点)日本語に翻訳されてるのは

カウアイ島というマイナーな島のみ。なぜ???

 

いや、自分にとってはめちゃありがたいのですが。

 

これは、日本人はカウアイ島に行けってことじゃないでしょか(こじつけ)

 

これを携えてカウアイ島いったら、いろんなマニアックな場所に行けること、確実!

 

※注意点:

この本、レストランも沢山紹介してますが、この本で美味しい!と書いてあっても

微妙な店が少なくなかったです。。。日本人の味覚とはちょっと違うのかな。。

 

自分としては、トリップアドバイザーの口コミのほうが、信頼できる感じでした。

●参考:トリップアドバイザー・カウアイ島のレストラン

~~~

以上、伝わりましたでしょうか。

 

かなり個人的な価値観から、熱く語ってますが、ほんまにオススメ。

 

行きたくなったあなた!

 

まずはガイド本を買って精読してみてください。

きっと、黄金に輝く旅が実現することでしょうヾ(@^▽^@)ノ

ここまで読んでくださって、感謝です。

 

~~~~~~まとめ~~~~~~

ハワイに行くなら、そして、あなたが自然好きなら、

カウアイ島がオススメ!(笑

~~~~~~~~~~~~~~~

あわせて読みたい。

絶対オススメ!ハワイ・カウアイ島でキャンプするなら、この穴場キャンプ場!!【山の中編。】

2017.02.28

ハワイ・カウアイ島でキャンプ泊を激しくオススメする3つの理由。

2016.04.11
<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。オーラソーマティーチャーである嫁さんと二人暮らし。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が10年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。