肩こり・目の疲れ・お腹の調子、たくさんの不調に効果抜群の健康法!「蒸しタオル」

 

「あー、肩こってるなぁ。」

「今日もパソコンのやりすぎで目が疲れたわ・・・。」

「お腹の調子が最近イマイチ・・・。」

 

こういった方に、オススメ、

しかも(電子レンジを持っている人は)

僅かな電気代と水道代だけで

出来てしまう健康法があります。

 

それは、、、

 

蒸しタオル!!!(どーん!)

蒸したタオル。

 

 

 蒸しタオルとは。

 

濡らしたタオルを電子レンジでチンして、

ホカホカのオシボリ状態になったものを

患部にあてる、という超簡単なもの。

 

僕もこの2ヶ月、出張時以外は

ほぼ毎日やって効果をめっちゃ実感中ですねん。

 

具体的には、

 

寝る前に首の後に当てるようになって、

睡眠が深くなった!!

 

毎朝、お腹に当てるようになって、

胃腸の調子がすこぶるよい!!ヾ(@^▽^@)ノ

 

なぜ蒸しタオルが効果的なのか。

 

基本的に、体は暖めるとええこと満載です。

 

「あたためる」ことは、体に非常によい効果をもたらします。血管が拡張して血流が増えることで、体の隅々まで新鮮な酸素が送られるだけでなく、場所によっては免疫の源となるリンパ液の流れをスムーズにし、人間が本来持っている自然治癒力を高めてくれる働きもあるのです。

書籍:内臓を強くする整体法 P46より抜粋

 

「あたためる」全般が良いのは上記のとおりですが、

あたため続ける市販のカイロなどより、

蒸しタオルのほうが体によいとされています。

 

なぜなら、蒸しタオルは、「短時間で徐々に冷めていく」からです。

 

「蒸しタオルは、徐々に冷めていきます。そのときに最初にあてがった瞬間の緊張・収縮から皮下組織が開放され、 冷めていくとともに血管が拡張して血液が流れやすくなるのです。
この「熱い」というときの緊張と、冷めてくるときの「弛緩」を繰り返すことが刺激となり、効果が発揮されるわけです。

書籍:内臓を強くする整体法 P46より抜粋

 

 蒸しタオルの超簡単な作り方。

 

まずは、通常のタオルを用意しましょう。

フェイスタオルだと小さすぎると思います。

タオルだぁ~。

それを患部に当てやすい形に折りたたみ、水でたっぷり濡らす。

その上で、ぎゅーっと絞りましょう。

 

水分がたっぷり残っていると、熱くなりすぎる傾向があるので、

そこそこしっかり絞りましょう。

 

ここらへんはやりながら慣れていってください。

そして、電子レンジでチン!

チンって呼び出したのは誰だろう?

 

最初、水で濡らした冷たい状態からなら、我が家の900Wの電子レンジで

50秒~1分ちょうどでアツアツです。

 

あつあつやぁ~。

実際はタオルから湯気が出てるんやけど、

写真にうまく撮れない・・・(´・_・`)

 

あまり熱すぎると火傷してしまうので、まず手で熱さを確認する。

 

手でずっと持ってられないくらいだと、 熱すぎます。

その場合、バタバタとタオルを降って 冷ましましょう。

 

ええ感じの温かさになったら、 患部にふわっと当てましょう。

 

ほわぁ~。。。

当てると、患部が 気持ちよさそうに

 

「ほわぁ~。。。」

 

と言う声がきっと聴こえるでしょう。

 

そして思わず

 

「あったかいんだからぁ。」

 

と言ってしまうでしょう(笑

(ちょっと旬を過ぎてますかね。。。)

 

そのまま置いておくと、3~4分で冷えてきます。

そこで、もう一回チン。

 

再登場!

 

自分は本を読みながらなど、「ながら蒸しタオル」をしてるので、

タオルが冷えたことにも気づかずチンするのを忘れがちです。

 

その場合は、タイマーで「4分」セットしておくと

ええ塩梅のところでもう一回チンすることを忘れずに済みます。

 

2回目以降は、既にある程度あたたまっているので、

30秒くらい(900w)で十分あったまります。

 

これを、3~5回。

 

患部がホカホカしてきて、 リラックスしたり、気持よくなってきます(^^)

 

最も基本となる場所は「後頭部」

 

最初は、後頭部、クビの付け根あたりから首にかけて

蒸しタオルを当ててみましょう。

 

再登場の蒸しタオル!

 ここはいわゆる「延髄」と呼ばれる部分で、神経が背骨から脳へとつながっています。すぐ近くに脳幹があるため、血管や心臓、消化器、呼吸器など、生命維持に関わる中枢部分だと考えてください。そこをあたためることで、脳への血流量が増えるだけではなく、延髄も刺激を受けて活性化するというメカニズムです。

書籍:内臓を強くする整体法 P47より抜粋

 

 他にもいろいろ。効果満点。

 

実際、自分が蒸しタオルを使っていて感じるのは、リラックス効果。

 

コーチングの仕事などで集中力がギンギンに高まって、

昂りすぎているときなんかは、これを後頭部に当てると

 

「ほわ~ヾ(@^▽^@)ノ」

 

と緩むことが出来て、深い眠りにつながります。

 

眼精疲労やアトピーや肩こり、腰痛などは患部に直接当てるのもオススメだそうです。

 

【蒸しタオル法で改善されるおもな症状】

頭痛、歯痛、腰痛、腹痛、生理痛、肩こり、関節炎、眼精疲労、不眠症、ぜんそく、

アトピー性皮膚炎、花粉症、高血圧、糖尿病、膀胱炎、結石、便秘

 

ポイントは「自然治癒力」

 

薬などに頼らず、自分の体がもともと持っている

自然治癒力を活かす、「蒸しタオル健康法」。

 

こういう健康法で健康になっていくと、

 

自分の体の自然治癒力をさらに信じられるようになります。

 

本来、体はものすごい智慧と力を持っています。

 

その力を、まずは蒸しタオルといった

簡単なもので引き出していきましょう。

 

そうすることで、

体軽やか→結果として心軽やか。

えー感じの毎日に、ちょっとずつなっていきまっせ~。

 

よっしゃぁ~!!

 

ここまで読んでくださったあなたに祝福の光が降り注ぎ

ますます輝く毎日になることを心から祈っています(。-人-。)

 

参考文献:「内臓を強くする整体法 内臓力を回復して体の中から若返る」

井本 邦昭 著

 

~~~まとめ~~~

・体は温めると元気になる。
・一旦温めて、徐々に冷えていく蒸しタオルは効果的。
・しかも経済的!
・気になる患部に早速あててみましょう!

~~~~~~~~~

 

<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。オーラソーマティーチャーである嫁さんと二人暮らし。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が10年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。