ワークショップ、セミナー、合宿、イベント等を企画するなら、必ず入れたい、4つのメディスン。

 

人がある程度集まるワークショップやセミナー、

仲間との合宿やイベント等。

あとは、仲間との旅行や、家族旅行!

 

今回の記事は、

そういったプログラムを企画している方。

今後、企画したい方に、

 

お役立ち情報をお届けします!

 

企画に入れて欲しい、「4つのメディスン」。

 

4つのメディスン(Medicine:直訳すると、お薬ですね。)とは、

アメリカの文化人類学者が、長年のフィールドワークで明らかにしたもので、

 

現存する先住民族で、健全な風土が維持できているコミュニティや部族では、

必ずこの4つのメディスンを、みんなで大切に尊重、実践している、というもの。

 

その4つとは、

 

・Singing(うた)

 

・Dancing(踊り)

 

・Storytelling(物語を語る)

 

・Silence(静けさ・沈黙)

 

です。

 

我々夫婦が企画するワークショップ・リトリートには

必ずと言っていいほど、この4つを入れてます。

 

やっぱ、深まるし、つながりが強くなるんですよ。

 

また、私たちの結婚式の二次会も、この4つのメディスンを

全て取り入れて企画・実行し、

(二次会の中で説明もしたので、

参加者から「マニアだ」とのお褒めの言葉もいただきました・笑)

 

自分で言うのもなんですが・・・

「めちゃめちゃ良かった」という声をめっちゃぎょうさん頂戴し、大好評でした!

 

 

ということで、この4つ、うまく入れられると、

ものすごーく、盛り上がり、かつ深い場になるのです。

 

今まで色んな場面でこの4つを入れてみての、

自分なりのポイントなども含めて解説しまーす。

 

Singing:うた。

 

天城ぃ~ごおぇえ~♪

 

言わずと知れた、王道。

うまくいけば、ほんまに盛り上がるし、心がつながりますよねぇ。

 

誰か一人が前で歌う、ってのでもいいですが、

みんなで何か歌えるといいですよねぇ。

 

ただ、日本人は苦手な人、多し。。。(笑

 

なので、(これは他のメディスンにも言えるのですが)

何かの文脈や、必然性があると、みんなも歌いやすいですよね。

 

プログラムの中で、歌をみんなで歌う文脈が

あるのに越したことは無いのですが、それが無い場合でも、

 

参加者、誰かの誕生日を祝うとか。

(バースデーソング!立派な歌です。)

 

最近、誰かが歌をやってる、ギターをやってるから、

「ちょっとみんなの前でやらせてよ。」

「やってみてよ。」

って感じで盛り上げて、

 

そして、その人進行のもと、みんなで知ってる歌をうたう。

ってのもありですよね。

 

泊まりのイベントやワークショップだと、夕食後の時間などに、

しんみり系の、みんなが知ってる歌を入れると、

ハマること、多いですよ~ヾ(@^▽^@)ノ

 

Dancing:おどり。

 

月がぁ~、出た出た♪

 

これまた、みんながいるところで踊るのは、日本人苦手・・・。

 

ちゃんとしたヒップホップとか、ベリーダンスとか、サルサとか。

簡単なステップを教えられる人がいるなら、

そういう本格的なものでもいいですが。

 

そうそう、教えられる人、おらんし、大抵の人、こんなん、踊れませんよね?

(私もです・・・。)

 

なので、こういった「正しい型」がある踊りではなく、

(これはこれで可能ならやってみてください)

 

音楽に合わせて、ともかく動く。

 

というシンプルなダンスがオススメ。

 

子どもって、音楽にあわせて、

もう、すぐに体を動かして踊り出しますよね?

 

むちゃくちゃ踊り。

 

はーい、ねーちゃん、イカすダンスしてるじゃん?

 

こんなイメージです。

 

むちゃくちゃで、正解が無い分、みんな自由に、衝動から弾けられます。

 

これをどう入れ込むかも、文脈次第。

自分たちがワークショップに入れる場合、「踊り」と言わずに、

 

「動き」「自由に動いてみましょう」

 

といった表現で、少しずつガイドしたりします。

 

あとは、休み時間や夕食後の時間など、

自分が踊りたくなったら(踊りというより、動き?)、

その衝動に素直に踊りだし、

 

ついてくる人がいればよし。いなくてもよし。

 

くらいのスタンスでやってると、乗ってきてくれる人もいます( ´ ▽ ` )ノ

 

いずれにせよ、BGMがあると、やりやすいですね。

 

人と、みんなと踊ると、踊りにしかない、

不思議なつながり感というか、絆が生まれる感じがします。

 

踊る内容にもよりますが、とても深まり、また、

体中から、歓びが満ち溢れてくる時間になりますよー(^o^)

 

Storytelling:物語を語る。

 

私の人生は。。。

 

人は物語を生きており、

その物語を自由に自分の感じているまま、安心して話せて、

しかも、それを受け止めてもらえると、めちゃ歓びを感じる生き物なんですよね。

 

イベントの中で、しっかり時間を取るも良し、

終了後や夕食後の飲み会などで、じっくり語るも良し。

 

ただ、イベントの中でプログラムの一環でこういう時間をとる場合、

話し手が安心してしっかり物語を話せるように、

ちゃんと、聞き手、話し手の役割を明確化すること。

 

話し手が話を強奪されない。

ちゃんと聴いてもらえる、という安心感を場として創るのがポイントです。

 

また、話す際のグループサイズにも注意。

大勢に対して話すこと、普通は緊張しますよね。

 

なので、最初のうちは、3~4人の小グループや、

ペアに別れてじっくり話して、場に安心感が生まれだしたら、

少しずつグループサイズを大きくしていく、

というのも一つのテクニックです。

 

イベントの中で話すなら、

 

・自分自身のこれまでの人生を語る。

 

・最近の状況や、感じていることを語る。

 

・何かのテーマについて、光と影を語る。

(光だけ、影だけだと、座りが悪い。両方あることで、両方がより深く話せる。)

 

その他、その他。。。

 

自然の中なら、焚き火を囲んだり、海を見たり、

川の流れを見ながらの、自由な語らいも、いいですよねぇ。

 

これも話す内容によって、場の雰囲気は色々ですが、

やっぱ、深まるし、つながりが育まれるんですよねぇ。

じゅわ~~、、、、っと。

 

Silence:静けさ・沈黙。

 

 

これまた、ポイント!!!

 

静寂は挿し色みたいなもんで、

特に、全体的に盛り上がる出し物?が多いのイベントで、

少しだけ入れると、ぎゅっと場が締まって、メリハリが生まれて、

その後、さらに盛り上がります。

 

ジャンプする前に、一回しゃがみ込むイメージですね。

 

また、別に盛り上がる出し物?ばかりではないイベントでも、

すごーく、場が深まります。

 

人と一緒にいるのに、安心して、

静寂にくつろげる時間は、日常では得難いものです。

 

人と一緒にいたら、

 

「何か話さなきゃ。」

「盛り上がらなきゃ。」

 

みたいな考え、ありますよねぇ?

 

それを全部手放して、静寂の場で人とつながる。

 

むちゃくちゃオススメです!

 

イベントの中で入れるなら、

 

瞑想や祈りの時間など。

 

あとは、シンプルに、何かのワークの後に、その経験を定着させるための

「沈黙の時間」

を取る、というやり方もありますね。

 

物語同様、焚き火を囲んで、静かな時間をとる。

 

ぱちぱち・・・。と焚き火の爆ぜる音。風が木々をなでる音。森の静寂。。

 

 

あうううう・・・・。

 

やばい、想像しながら書いてて、

気持ちよくなって昇天しそうになりました(笑

 

ちなみに、自分たちの結婚式の二次会では、

ろうそくに火を灯して、

みんなで、それぞれの家族や大切な人のことを想う・祈る時間を取りました。

 

最高でした。。。(思い出してウルウルしてます・笑)

 

ろうそくもいいよねぇ。

 

まとめ。

 

ということで、この4つのメディスンのパワフルさ。入れる際のポイント。

など、伝わったでしょうか。

 

短いイベントで無理につめこむのもどうかと思いますが、

文脈さえ整えれば、2時間の結婚式の二次会にも全部入れられました(笑

 

また、イベントの文脈でプログラムの中に入れるのが難しかったら、

イベント中、意識の片隅に置いておいて、「今なら入れられそう!」

って時に、予定外でも思い切ってやってみる、ってのもおすすめですね。

 

4つのメディスンを普段から意識してる自分としては、

いわゆる市販のお薬より、よっぽどお薬だなぁと思います。

(当然、効果には個人差がありますw)

 

この4つを大切にすると、魂が潤う感じなんですよね。

 

—–

 

人が集う場、イベントやワークショップは、

 

一生の思い出になりうる可能性を秘めた、大切な場。

 

この記事をここまで読んでくださったあなたは、

きっと、参加するみんなのために、ええ場を提供したい。

そんな想いをお持ちなんじゃないでしょうか。

 

まずは、その想いを、一番大事にしてください。

 

その上で、4つのメディスン、使えそうなら使ってください。

 

全部を使うことにもこだわらず、あなたが取り入れたいところからでもOK。

 

想いをベースに、柔軟に取り入れられるものを取り入れ、

みんなで、それぞれ、素晴らしい場をつくっていきましょう( ´ ▽ ` )ノ

 

いえーい!

 

この記事、ええやーん、と思った方、

実際、試してみて、効果があった方、

ぜひ、お友達にもシェアしてあげてくださいね♪

 

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ

ますます輝く毎日になることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@まぶろぐ でした。

 

~~~~まとめ~~~~

・先住民の智慧に、4つのメディスンというのがある。

・歌、踊り、物語を語る、静寂・沈黙。

・この4つを上手く取り入れていくと、人が集まるイベントは盛り上がり、人同士がつながる。

・各ポイントを押さえて、使えるものを使っていこう(^o^)

~~~~~~~~~~~

<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。オーラソーマティーチャーである嫁さんと二人暮らし。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が10年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。