自分の欠点・短所が気になったときに思い出したい、穴あきバケツの物語。

 

自分の欠点や短所が気になって、

 

凹むこと、落ち込むこと、自分を責めること、

 

ありますよねぇ。

 

 

本記事では、そんな時に思い出したい寓話をお届けします!

 

穴あきバケツと少年の物語。

 

僕の仕事~♪

 

昔、あるところに水汲みが仕事の少年がいました。

 

毎日、彼の仕事である水汲みをせっせと頑張っている少年でしたが、

彼が使っていた水汲み用のバケツには穴が開いていました。

 

穴が空いてるでぇ~。

 

なので、彼が家につく頃には汲んだ水が半分ほどに減ってしまい、何度も水を汲みにいかなければなりませんでした。

 

少年の苦労をよく見て知っているバケツ本人は「少年に迷惑をかけている」ということでたいそう心を痛めていました。

 

「なんで、自分にはこんな穴が空いているんだ。こんな穴、無ければよかったのに。。」と凹んだり、落ち込んだり。

また、

「こんな穴の空いてる自分なんて・・・。」と、自責の念にもかられていました。

 

それを知った少年は、バケツにこんな言葉をかけたのです。

 

「君は君のままで役に立ってるよ。明日、道端を一緒に見てみよう。」

 

相変わらず水をこぼすバケツでしたが、少年が示した道端を見てみると、

こぼした水に沿って一直線にきれいな花が咲いているではありませんか!

 

お花やぁ!

 

少年は笑顔でバケツにこう言いました。

 

「君はこの花達を育てていたんだよ。

このお花を見て、沢山の旅人が癒やされ、元気になっている。

君が自分で欠点と思っている君の穴のおかげで、沢山の人達が笑顔になっているんだよ。」

 

[物語終わり]

 

「欠点」「短所」ではなく、全ては「特徴」である。

 

このバケツのように、

 

「自分は役に立ってない。それどころか、逆に自分の欠点・短所で、迷惑をかけている。」

 

「自分の欠点・短所のことを思うと、凹むし、落ち込む。。」

 

って思うこと、ありますよねぇ。

 

でも、大きな視点にたてば、この宇宙には不要なものはありません。

 

物語で出てきたバケツは、「穴が空いている」ということを「欠点」として見ていましたが、少年は「特徴」と見て、それをうまく活かしていました。

 

「欠点」や「短所」というレッテルを貼れば、落ち込みのもとになりますが、「特徴」「特質」として見ると、また違って見えてきます。

 

特徴だらけやぁ~。

 

まわりの人にも、この考え方を試してみる。

 

また、自分の家族・パートナーや子ども、友人、職場の同僚・部下など、近い関係の人たちを、「全ては特徴である。」という考え方で、見てみる、ということを試してみて欲しいと思います。

イメージとしては、「全部特徴である。」というメガネで、その人を見てみる感じです。

 

特徴・・・。

 

実はこのメガネをかけるのは簡単ではありません。

 

この「全ては特徴だ」というメガネ。

「キレイ事」や「甘ったれたこと」という印象を持つ方もいるでしょう。

また、「自らそうしたい。」と思って、短所や欠点を改善していくための努力は尊いものやし、それを否定するものではありません。

 

ただ、このメガネをかけ続けるのは、実は大変ですねん。

 

すぐに特徴と見られなくても、見ようとし続ける「粘り強さ。あきらめない力。」

つい、普段の「欠点」の見方になっていることに気づき、メガネをかけかえる「気付きの力。メタ認知。」

このメガネをかけ続けようとする「意志の力。」

他者に対してメガネを掛ける場合、「心の余裕。相手に対する寛容で暖かな気持ち。」

 

「キレイ事」を現実の世界で実際に実行に移すのは、「キレイ事」では済まないのです

 

なので、常に自分や相手をこのメガネで見るのは、しんどいかもしれません。

緊急的な場面で「そんなこと言うてられへん。」時もあるでしょう。

 

なので、無理しすぎずほどほどに。

 

でも、少しずつ、筋トレのように続けていくと、必ずこのメガネが馴染んでいきます。

 

自分と人の特徴を受け入れ、ありのままで、自分らしく生きていく。

 

「凸凹で穴だらけの私たちだからこそ、気づかないところできっと何かの役に立っている。」

 

こんなふうに自分や人のことを見ることができるメガネが馴染んでいくと、どうなるか?

 

自分で欠点や短所と思っているところを『特徴」として受けいれて日々を過ごすと、自分に優しくなれます。

 

「ありのままの自分でいい。」そんなふうにも思えてきます。

 

また、人の欠点や短所と思っていたものを「特徴」として見ると、人にも優しくなれます。

 

あなたの凸凹や開いた穴のおかげで、花を咲かせてる人やものがきっとある(о´∀`о)

そう思って、今まで以上に胸を張って、自分への愛情と自信を持って日々を過ごしてみましょう。

 

よっしゃぁ~!

 

皆さんも是非、試してみてください。

そして、効果があればお友達にもシェアしてあげてくださいね♪

 

ここまで読んでくださった あなたに祝福の光が降り注ぎ、輝きがみちあふれることを心から祈っています(。-人-。)

 

河野雅(こうのまさし)@まぶろぐ でした。

 

——

 

※寓話の出典:本記事に掲載している寓話は、もともとは尊敬する友人から口頭で教わったものを自分なりにアレンジしたものです。

ブログアップにあたり出典を調べてみたのですが、どうやらもともとはインドの民話がベースのようです(イギリスの民話という説もあり)。

 

日本では、菅原裕子さんが書籍として出版されています。

ひびわれ壺 子育てに大切なことがわかる小さな物語

こちらで登場するのは、「穴あきバケツ」ではなく「ひび割れ壺」で、しかも「ひび割れてない壺くん」も登場します!興味がある方は、ぜひ手にとってみてください(^o^)

 

~~~~まとめ~~~~

・自分の欠点・短所、という見方から、「特徴」へ変えてみよう。

・そうすることで、自分や人に優しくなれる。

・人の欠点や短所(と思っていたもの)についても、「特徴」と思って見てみよう。

・少しずつ、でも確実に、自分にも人にも優しく、ありのままで自分らしく生きていけるようになります。

~~~~~~~~~~

あわせて読みたい。

「なぜ、自分はこんな特徴を持ってるんだ」と思った時に思い出したい考え方。

落ち込んだ時。生きる意味や目的。そんなものがわからなくなった時に思い出したい、一つの考え方。

2016.03.08
<スポンサーリンク>

ABOUTこの記事をかいた人

阿蘇のふもとで、ライフコーチをしています。オーラソーマティーチャーである嫁さんと二人暮らし。株式会社みちあふれる輝き代表取締役。 プロコーチを目指す方のトレーナー、ブレスワークなどの身体に直接アプローチするメソッド、自然の中でのワークショップなどもしています。 このブログのコンセプトは、「楽しく」「ゆるく」「役立つ」。 私が10年にわたるコーチング経験などを中心に得た「人生に役立つ・毎日が楽しくなる・効果がある知恵・情報」をお届けしています。